勤務先は病院だけではない?
          

治験コーディネーター


皆さんが薬を手に取るまでに、安全性を確かめる為に度々の治験が繰り返されています
製薬会社が治療効果のある薬を開発して、販売するには厚生労働省の承認・許可が必要です。


その許可を貰うには、その薬の安全性と有効性を証明しなければなりません。
上記の一連の事を【治験】と言います。


副作用は無いか、副作用の程度や種類。
治療効果など、これら治験の結果を伝えて問題なければ承認・許可が下ります。


この治験を行う際に被験者と製薬会社の間を取り持つのが「治験コーディネーター」です。
病院内で被験者と直接対面し、治験内容の説明や不安や心的不安の軽減を図り
よき相談相手となります。


gum06_ph08021-s.jpg治験コーディネーターになるには特別な資格は必要ないですが、
実務内容的に専門性が問われるため、看護師・臨床検査技師・薬剤師
臨床経験を持った方が従事している事が多いです。


就業時間も夜勤は無く、日勤帯の9時ー17時で土・日曜は休みが基本の所が多いようです。
子育て中の方や、事情で夜勤が出来ない方には働きやすい職場ですね。


>>コーディネーターを募集してある勤務先に紹介してくれる「ナース人材バンク」