勤務先は病院だけではない?
          

保健所や保健センターでの看護師の役割


保健所や保健センターとは地域住民の健康を考えたり、衛生指導を行ったりする公的機関です。


保健所では

 
◆心の相談 ◆感染症の相談・検査 ◆食中毒の予防 ◆飼い犬の登録や狂犬病予防        
◆浮浪犬の捕獲 ◆ねずみや害虫の駆除 ◆飲料水の水質調査 ◆食品営業許可
◆食中毒の予防 ◆医療機関の開設許可 ◆医薬品や劇物の販売業の許可 


保健センターでは


◆乳幼児健診 ◆小児予防接種 ◆健康相談 ◆成人病検診 ◆がん検診
◆訪問指導 ◆機能訓練教室など


保健所や保健センターでは、保健師とは別に看護師も活躍できる職場です。


検診.jpgのサムネイル画像


看護師としての仕事では福祉施設や保育園同様、
保健所でも病院と仕事内容が大きく違うようです。


基本的には、来所された乳児からお年寄りの方の介抱や、健康の指導などを担当します。


病院では病気や怪我をした方ばかりですが、保健所では健康な方も検診や予防接種、
訪問看護.jpg健康相談のために来所されます。


もちろん病気や障碍をかかえた方も来所されますので、
その方々の介助や生活上での悩み相談など、看護師特有の視点からアドバイスできます。


また、訪問看護では住民の健康をサポートします。


検診・健康診断や予防接種などの際は、医師の指示に従ってお手伝いします。

関連記事
・デイサービスや福祉施設での看護師の役割
・保育園での看護師の役割