ブランクがあるけど大丈夫?
          

子育て看護師さんの内情は?(出産にかかる費用・助成金)

看護師さんだからというわけではありませんが、
妊娠出産は、なにかとお金がかかります。


少子高齢化の時代、子供が生まれるのは
国にとってもありがたいこと、
国からの援助ももちろんありますが、
まず、妊娠出産にかかるお金をみてみましょう。


妊娠中の検査費用が 約10万円かかります。


妊婦健康診断というものを定期的に
15回ほど受けることになります。
順調に育っているか、みてもらわないと心配です。
今は、男の子か女の子かもこの段階でわかりますね。
一回が5000円から1万円なので、
合計10万円くらいです。


分娩費 入院費が 約35万円かかります。


大部屋、一週間程度の入院
普通分娩での出産で
35万円くらいかかります。
条件により変わってきます。


マタニティ用品ベビー用品が 約10万円かかります。


これは、いくらでも節約、
また、お金を使おうと思えば
いくらでも使えるところだと思いますが、
世間的に10万円くらいです。


まぁ人によりけりなのですが
目安として55万円くらいを
みといた方がいいでしょう。


あと、内祝いのお金もかかります。
もらった商品の
半額から、三分の一のぐらいの値段のものになります。
たくさんお祝いの品をもらえば、
その分高くなってしまいます。


もちろんたくさんの人からお祝いされた方がうれしいに決まっていますが、
なかなかむずかしいところです。


しかし子供一人、生むのにずいぶんかかるものですねぇ...


助成金


子供を産むのには、ずいぶんお金がかかりますが、
国からは、どれくらい援助があるのでしょう。
これだけ少子高齢化社会、
全額負担でもいいくらいのような気がしますが...


ちなみに、看護師さんだから特別な助成金がでるというわけではありません。


出産育児一時金 42万円!( 双子なら2倍の84万円!!)


健康保険の加入先に申請することでもらえます。
42万円、知らない人には、
ずいぶん大きな金額、
思った以上に国は援助してくれていると感じたんじゃないでしょうか。
もっと宣伝してもいいように思います。
知っていれば子供を産んでる人もいたんじゃないでしょうか。


児童手当金


もともと児童手当だったのが、こども手当になり、
また2012年度4月から児童手当に戻っています。
3歳未満の子供が月15000円
3歳から中学生が月10000円
3人目以降の子供(3歳から12歳)が月15000円
ただし、所得の制限があります。


このへんは、政権が変わると一緒に
ころころ変わるので、不安なところです。
なくならないことを祈りましょう。


働く女性の助成金


出産育児一時金、児童手当金などは、
専業主婦の型も含めて
子供を生んだ女性にもらえますが、
看護師さんなど働いていた方のみが、
子供を産む時にもらえるお金もあります。


出産手当金


産休中にお給料の代わりにもらえるのが、出産手当金です。
健康保険から支給されます。
当然、健康保険に加入してなければなりません。


標準報酬日額の2/3を、休んだ日分もらえます。
それまでのお給料から算出するため、
たくさんお給料をもらっていた人の方が
多くもらえます。


注意したいのは、病院から産休中に給料が出ている場合。
標準報酬日額の2/3を超えている場合は、
出産手当金はもらえません。


失業給付金


求職者が次の仕事をみつける間までにもらえるのが、
失業給付金です。
ただ、妊娠中の方は働くことができないとみなされ、
失業給付金をうけとることができません。
そこで、普通失業手当を退職の翌日から
1年以内にもらい終えないとだめなのですが、
最長4年、受給期間を延長することができます。


子供を産んでから、
失業給付金うけとって
じっくり仕事を探せばいいというわけです。


育児休業給付金


育児休業中のサポートしてくれる給付金です。
雇用保険料を払っていること、
育児休業に入る前の2年間のうち11日以上働いた月が12カ月以上ある人
という条件があります。


普通に働いていた看護師なら当てはまるでしょう。
支給額は、一ヶ月のお給料の半分。
(お給料は、残業代も含んだ、休業前半年の平均)
これを、2ヶ月ごとに受け取れます。


これも病院から給料が出ている場合は、制限があります。


関連記事


子育て看護師さんの内情は?(職場の制度)
子育て看護師さんの復職(子供は保育所?ベビーシッター?)
子育て看護師さんの内情は?(妊娠・出産・産休・育児休暇)