ブランクがあるけど大丈夫?
          

子育て看護師さんの内情は?(妊娠・出産・産休・育児休暇)


妊娠、出産編


妊娠が分かったら、すぐに上司に報告です。
なるべく早い方が、病院側も
欠員補充、人員調整に時間をさけます。
出産後どうするのか、産休はいつから
もある程度決めておきましょう。


覚えておきたいのは、法律です。
妊娠した場合、
労働基準法により、時間外労働、
休日労働、免除請求が認められています。
負担少ない配置転換希望もできます。


また、出産を理由に、解雇はできません。
法律で認められていません。
場合によりハローワークなどに相談してみましょう。
産休制度が整備されていない場合などは、
会社都合の退職にしてもらって、
失業手当などの条件がよくなるかもしれません。


さていつまで働くかですが、
もっとも多いのが2ヶ月前まで、次が1ヶ月前まで
だいたいこの二つで半数以上をしめます。
中には出産の1週間前まで仕事をしている強者もいますが、
それは、どうでしょう。自慢には、なりません。
周りにも迷惑をかけるかもしれません。


きっちり2ヶ月前からとかでは、なく、
年度の変わり目、忙しい時期ははずして、
などいろいろ選択肢はあると思いますが、
まず、考えるのは自分の体です。
なにより優先されるのは、
しっかり赤ちゃんを生むことです。
仕事は、その次ですからね。


産休、育児休暇編


産休について説明しましょう。
産休、出産休暇の略ですが法律でしっかり決まっています。
産前6週間、出産後8週間まであります。
(双子だと、産前休暇が14週間になります。)
遠慮しないできっちり、
働く女の権利は使わせていただきましょう。


ただ、予定日が遅れて場合、出産後の休暇はどうなるんでしょうか。
出産後8週間とは、予定日から8週間ではなく、出産日から8週間。
ちゃんと考えていてくれます。
決して、無理はしないでください。


休暇中の給料は、どうなるんでしょう。
事業所によってバラバラみたいです。
給料が出ない場合も健康保険から、
出産手当金が出ることがあるのでチェックが必要です。


ちなみに、男の産休は、法律では定められていません。


さて、その後の育児休暇。
子供が一歳になるまでに利用できる
休暇の制度です。
1、2ヶ月だけとる人から、
9ヶ月以上とる人までいます。


あるアンケートでは、育児休暇を取得したナースは、
74.5%。
制度がなく、仕方なく退職した人もいれれば、
90%以上の人が休暇をとっていることになります。
ほとんどの人が、
産休だけでは、不十分というわけです。


もちろん本人が決めることですが、
育児休暇が必要な場合は、
遠慮する必要はないということです。


関連記事


子育て看護師さんの内情は?(職場の制度)
子育て看護師さんの内情は?(出産にかかる費用・助成金)
子育て看護師さんの復職(子供は保育所?ベビーシッター?)