看護師の給料
          

できれば給料アップも・・・& 正看と准看の違い


看護師の年収は、サラリーマンやOLと比べると高給です。
平成22年度の看護師平均年収は469万円です。


転職率の高い看護師の多くの転職理由はやはり給料アップ。


転職サイトのコンサルタント給与アップの交渉をお願いする事はもちろん、
phm06_0146-s.jpgその他にも、深夜の割増賃金の「夜勤手当て」を目当てに
積極的に夜勤勤務に努めるのも一つの手だと思います。


しかし、好きなだけ夜勤勤務に入れるかというと そうではありません。


看護師の健康を考慮して、2交代では 月4回まで   3交代では  月8回まで 
と、看護師の健康を考慮して、このように一応国で定められています。


日本医療労働組合連合会の資料「2011年度 夜勤勤務実態調査結果」によると


全国の平均でだいたい、2交代勤務で月4.03日    3交代勤務で月7.63日
での夜勤実態となっています。


正看護師と準看護師の給与の差は大きい?


まず、正看護師準看護師(以下 正看・準看と少略)の違いは
正看護師では国家資格であるのに対し、準看護師は都道府県知事から発行された資格であります。


最近では準看への風当たりが厳しくなってきた様にも思います。
正看も準看も仕事内容はさほど変わりは無いですが、
大きな病院では給与形態を分けていたり、準看では師長や副主任になれない
病院が多いようです。


この差はどこから来るのでしょうか?


それは正看では看護学校を3年、準看では2年の学科&実習を学びます。
この1年の差があるのは大きいです。
看護学校で学ぶはずの残り1年間の内容を、準看は学ぶことができません。


準看では技術的の事を重点的に学び、正看では看護師と科学的根拠の関係、
それに基づく思考力と判断力から学びます。


準看は看護の視点&看護計画を学んでいないまま現場に立ちますので、
そういう意味では正看と準看では決定的な違いが出てきます。


これらの理由から、正看も準看も仕事内容が変わらないのに
給与では大きく差が出来てしまうようです。



看護師 給与2.jpg


【関連記事】
・看護師転職サイトを利用した転職方法