転職歴が多いけど大丈夫?
          

短期間での転職を繰り返してばかりです

転職すると言っても様々なバックグラウンドがあります。
病院都合や、どうしても一時退職せねばならない都合が出来たかもしれない。
人間ですから様々な事情があります。


病院側としてはもちろん長く働いてもらう方が助かるのですが、
大体、皆それぞれの事情で3年以内で転職している方は多いです。


一般社会の中では、短期間に転職を繰り返すと、また長続きしないかも・・・・


と、あまり良い印象を受けられない事が多いですが医療機関の中で 
特に人材が頻繁に変わる看護師業界ではこの事については、
あまり重く受け止めていないようです。


転職を繰り返している=ダメな看護師 ではないのです。


ただ、衝動的(思いつき)な転職の繰り返しと思われないように
面接の際に転職理由を聞かれた際に「病棟勤務がしてみたいから」などの唐突な言い方はやめて
例えば、「以前の勤務先には、入院施設がありませんでした。自分のスキルアップの為にも
急性期病棟のある貴院に就職できたら、もっと自分の腕を磨けるのではないかと思っています。」


などと詳しく転職理由を伝えると、仕事に対しての熱心さが伝わり
転職歴が多いこともあまり気にならないのではないでしょうか。


また、履歴書に職歴を書く際に、職歴が多いからといって履歴を詐称するのはよくありません。
職歴が多いと好印象にはならないんじゃないかと詐称しても、
そのときにはやり過ごせても入職後にバレます


保険や年金の手続きの際に、何年何月から何年何月まで何処の病院で働いていて
いくら支払っていたとかまで詳細に分かってしまいます。


後のトラブルを避けるためにも、いくら職歴が多くても正直に記載しましょう。


転職予定の看護師さん 身につけておきたいパソコンのスキルは?


看護師さんが普通に仕事をしている中で、
パソコンに触れることになるのは、
電子カルテの部分くらいでしょう。
身につけておきたいスキルは、
文字打ちで十分ということです。


もう自然にパソコンに慣れしたしんでいる世代だと
何の苦労もありません。
ただ、パソコンはあまり触らないという
看護師さんも多いはず。


今までの病院が紙カルテで、
転職先の病院が電子カルテだと戸惑います。
電子カルテのソフト自体は、
使い方を教えてもらえば、
一ヶ月もすれば使えるようになるものですが、
文字打ちが不安です。
打ち込めても、
人の何倍も時間がかかってしまうと肩身がせまいし、
迷惑をかけてしまうかもしれません。


新しい職場、何かと覚えることも多いし、
余計なことに神経使いたくないものです。


転職するまでにタッチタイピングをマスターしてしまいましょう。
タッチタイピングとは、キーボードをみないで、
文字を打つことです。
あまりパソコンに接してない人だと
とても大変なイメージがあると思いますが、
そんなにむずかしいものではありません。


タイピングソフトというものが出ていて、
ゲームのようなものをしていると
自然に打てるようになるものがあります。


ただ、文字を打つ練習していると
面白くないし、なかなか上達しなくて
嫌気がさしちゃいますが、
タイピングソフトだと楽しんでやれます。
毎日、1時間、1か月もやっていれば、
そこそこできるようになります。


有料のソフトは、もちろん
無料のソフトもたくさんあるので、
ダウンロードしてやってみてはどうでしょう。