転職歴が多いけど大丈夫?
          

身だしなみの理想論


第一印象とは、どんなところで決まるか知っていますか?


人は、一度その人の第一印象が決まると、その後の付き合いがどうであれ、
中々変わることはありません。


では、どういった身だしなみが好印象を与えるのか考えてみましょう。


まず、自分が人材担当者であることを想定して
これから面接をして相手を見極めていくというストーリーを想像してみましょう。


面接者の方は、髪の毛は一応結んであるけど、髪質にもよりますが


毛がチョロチョロ出ていて生活感が漂っている・・・


女性.jpgのサムネイル画像シャツはなんだかヨレヨレ・・・


靴はキズだらけで、カバンも・・・・・な方。


あなたが人材担当だったら、「この方は、仕事ができそう。清潔感が第一の看護職に相応しい。」と思えますか?


内面はすごく真面目で良い方かもしれません。仕事もバリバリ頑張る方かもしれません。


しかし、短い時間の中での面接ですので、上記のような第一印象だったら
せっかくの良いところが表現できません


面接というのは短時間で初対面の人に
いかに自分を良く評価してもらうかがかかってきますので
慎重に気を使っていきたいですね。


一昔前までは髪の毛を茶髪にするのは、モラルに反すると低評価でしたが
今では当たり前のように、受け入れられています。


しかし、病院には様々な年齢層の方が来られます。


医療関係者=清楚が保たれているひと

と固定観念を持っている方も少なくありません。


度の過ぎた金髪に近いような頭髪や、つけ爪や派手なな色のマニキュアは控えましょう。


◆身だしなみに自信の無い方も、専門家に相談した解決!⇒『詳しくはこちら』


【関連記事】
・好印象の身だしなみチェックリスト