看護師に関する豆知識
          

覚えておきたい看護師免許 書き換え、変更、再交付の手続き

運転免許や教職員免許と違い、看護師免許は一度とってしまうと
更新というものはありません。


ただ、結婚、離婚などの理由で姓名や本籍地が変わる場合、
手続きをしなければなりません。


働いている方は、その勤務地管轄の保健所、
働いていない方は、住んでいる場所の管轄の保健所で手続きします。


看護師免許書
戸籍謄本または抄本1部
印鑑
申請用紙
(保健所にあります。)
手数料
(申請書一通につき、収入印紙1,000円。)
が必要なものです。


ちなみに、准看護師さんの手数料は、都道府県によって変わってきます。


期限は、本籍、名前の戸籍が変更してから30日以内となっています。
この免許書き換えが必要なのはなにかと忙しい時期です。
忘れてほったらかしにしてる人もいるでしょう。
はじめから知らない人もいるかもしれません。


ただ、数年過ぎてから、保健所に行っても
ちゃんと受け付けてくれたという話があるので
そこまで焦る必要はありません。
(遅延理由書などの提出が必要になります。)


まぁできるなら30日以内に、
それを超えてもなるべくはやく手続きしましょう。
看護師免許無効なんてなったら、たまりませんからねぇ。


覚えておきたい看護師免許 再交付の手続き


看護師免許は、大切にしまっている方が多いと思いますが、
何が起こるか分かりません。
なくしてしまったり、破損してしまう
(破ったり、汚したり、燃やす?!)
可能性はゼロではありません。
そんな時の再交付の手続きをかいておきます。


手続きの場所は、働いている方は、その勤務地管轄の保健所、
働いていない方は、住んでいる場所の管轄の保健所になります。


その際必要なものは、
住民票
破損した免許証、なくした方は、免許証のコピー
印鑑
本人確認できるもの(運転免許証など)
切手(保健所によって変わります)
申請用紙(保健所にあり)
手数料 収入印紙 3,100円
(郵便局、県庁で買う)
になります。


免許番号、年月日がわかっていた方がスムーズに手続きがすみます。
勤務先、卒業校などに問い合わせてみてもいいでしょう。


なくしたと思っていたものが、ひょこり出てくるのは、よくある話。
再交付した後で、前の免許証がみつかった場合は、
5日以内に、返納しなければいけないということも覚えておきましょう。