病院内での看護師の働く場所一覧
          

訪問看護ステーション・居宅介護支援事業部・在宅介護支援センターの看護師求人情報・看護師の役割・仕事内容

訪問看護ステーション


訪問看護ステーションとは、自宅で療養する患者さんのお宅に訪問して
看護サービスを提供する機関です。
病状や療養生活をしっかり観察して適切な看護・リハビリのアドバイスを行ないます。
訪問看護ステーションは24時間365日対応して自宅で療養する患者さんの
お手伝いをします。


主な仕事内容は
・病状の観察
・入浴介助
・排泄の補助
・日常生活の援助
・ベットメーキング
・注射
・点滴
・薬の服用補助
・ガン終末期患者さんのターミナルケア
などが主な仕事内容です。


病院と違って医療機器がそっろているわけじゃないので高度な専門的知識と豊富な
経験が必要になります。


専門的な知識ももちろん必要ですが、基本1人で訪問するので状況に応じた対応、
コミュニケーション能力が大切です。


日常の生活もサポートしていくので患者さん1人1人と深く関わって看護していきたいと
思っているひとにオススメです。


あとは介護ヘルパーや担当のドクターと連携をとるのも訪問看護師の大切な役割です。


居宅介護支援事業部


居宅介護支援事業所とは、自宅での介護保険で受けられる指定居宅サービスや
特例居宅介護サービスなどの紹介をしたり、介護サービスにおいて必要な雑務などを
要介護者の代わりにになって各事業所と連絡をとり居宅介護がちゃんと受けれるように
段取りをする機関です。


要介護者さんから依頼があったら心身の状況・生活の環境・要介護者や家族の希望を
考慮した上でケアプランを作成します。


看護師の役割としては、ケアマネージャーと共に協力して専門的な知識・経験を活用して
医療的な手助けが必要な利用者さんを受け持つことが多いです。


居宅介護支援事業所の看護師は専門的な知識はもちろん資格なども必要になってくるので
勉強しなければならないことは沢山あります。


在宅介護支援センター


在宅介護支援センターとは介護している家族からの相談や要望に応じて、介護保険・福祉サービス
が受けられるように行政機関や居宅介護支援事業所などと連絡をとって調整する機関です。


利用の対象となるのは所在地の市町村に在住する65歳以上の方です。


運営は様々で市町村だったり、社会福祉法人だったり、医療法人だったりします。


自宅での介護をするのは介護者の精神的ダメージが大きくなってしまうこともあります。
そんな介護者の相談を聞くのも看護師の大切な役割です。


看護師適切にサポートできるように専門的な知識・技術を身につけて
業務に取り組みましょう。


その他の病院内での看護師の働く場所の一例


介護老人保健施設・介護老人福祉施設
グループホーム・ケアハウス
脳神経センター・腎センター・内分泌センター
糖尿病センター・消化器病センター