認定看護師資格一覧
          

皮膚・排泄ケア認定看護師の仕事内容・役割

皮膚・排泄ケアは、創傷・ストーマ・失禁といった3領域で幅広いケアを提供します。
以前は、WOC認定看護師(W=創傷、O=ストーマ、C=失禁)と呼ばれていましたが
2007年7月より対象領域がより分かりやすい「皮膚・排泄ケア」へ変更になったのです。
皮膚・排泄ケア認定看護師に求められる能力は多岐に渡ります。


まず、創傷ケアでは、皮膚トラブルや傷ができないように、スキンケアを通して健康な皮膚の維持を図ります。
創傷がある患者に対しても、スキンケアを通して悪化を防止し創傷が治りやすいように治癒を促進します。
特に高齢者の皮膚は乾燥しやすく傷つきやすいため注意が必要です。
また、褥瘡(床ずれ)ができる可能性のある患者に対しては適切な予防方法を提示します。
この褥瘡に対するケアは「褥瘡ハイリスク患者ケア加算」として診療報酬に算定されていて
皮膚・排泄ケア認定看護師の専門性が高いことがわかります。


次に、ストーマケアですが、これはストーマ(人工膀胱・人工肛門)を持つ患者や手術前の患者に対して
ストーマについての説明とストーマ装具や洗浄方法、ストーマ周囲のトラブルが起きやすい皮膚の管理方法、
日常生活におけるアドバイスなどを、患者の気持ちを理解した上でサポートします。
近頃では入院期間が短縮される傾向にあるので、ストーマを持つ患者が退院後も安心して生活できるように
ストーマ外来を設置する病院が増えていて、
看護師は受診する患者に対して、ストーマの周囲の皮膚の観察やトラブルのケア、セルフケア方法を指導します。


続いて、失禁ケアですが、失禁とは排泄物漏れのことで
便や尿の失禁における排泄管理方法の指導や失禁に伴う皮膚トラブルの改善・予防などを行ないます。
失禁をしている患者に対して、医師と相談して個別に応じた失禁装具を選び、
日常生活を送る上でのアドバイスをします。
また、便や尿は皮膚に触れたまま放置すると皮膚がかぶれたりといったトラブルを引き起こすため、
ケア方法を適切に指導することも重要な役割となります。


皮膚・排泄ケアでは、トラブルは看護師の知識や技術で予防できることがたくさんあります。
そのため、皮膚・排泄ケアのスペシャリストである認定看護師の存在は患者にとって必要不可欠であると言えます。


皮膚・排泄ケア認定看護師の受験資格は
通算3年以上の外科系領域ならびにストーマケアを行なう病棟や外来、在宅ケア領域での看護実績があって、
ストーマ造設患者の看護を1例以上、
そして創傷もしくは失禁ケア領域の看護を4例以上担当した実績があることが条件となっています。
また、現在、創傷・ストーマ・失禁の各領域でのケアを行なう
病棟や外来、在宅ケア領域で勤務していることが望ましいとされています。


関連ページ


>>脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の仕事内容・役割
>>摂食・嚥下障害看護認定看護師の仕事内容・役割