認定看護師資格一覧
          

摂食・嚥下障害看護認定看護師の仕事内容・役割

口から食べ物を食べるというのは、人にとって大きな楽しみであり幸せです。
それが、病気や後遺症、障害によってできなくなるということは身体的だけでなく精神的にもとても辛いことです。
「食べる」という行為は、脳にある摂食中枢と嚥下中枢が指令を出して口や喉を動かし、
水分や食物を口に取り込んで胃に送り込むことです。
この運動を「摂食・嚥下」といい、これに支障をきたすのが「摂食・嚥下障害」です。


摂食・嚥下障害の主な症状は
食事中や食後にむせたり咳をする、喉や口の中に食べ物が残ってしまう、食べ物や飲み物で喉が詰まる
などが挙げられます。
この障害では、食べ物や飲み物が誤って気道に入ってしまう「誤嚥」が起こります。
誤嚥によって食べ物や飲み物が肺に入ってしまうと、誤嚥性肺炎を起こすこともあるので大変危険です。
原因は様々ですが、最も多いのが脳梗塞などによる脳血管疾患です。
他にもパーキンソン病や重症筋無力症などの神経疾患、口腔がんなどがあります。


このような摂食・嚥下障害の患者に対して質の高いケアを実践することができるのが、
摂食・嚥下障害看護認定看護師です。


摂食・嚥下障害看護認定看護師は
フィジカルアセスメントや、水やゼリーなどを使用したスクリーニングテストの実施、
食事場面を観察して、摂食・嚥下障害機能評価法に基づいた嚥下機能の評価ができることなどが求められます。
そして、その結果を踏まえて、個人に応じた必要なケアプランを選択・実践することが期待されています。


実際にこの資格を持つ看護師の声を見てみると
患者の「食べる楽しみ」を取り戻して、
人間が人間らしく生活するための支援ができることにやりがいを感じている人が多く、
患者が「食べる」ことによって笑顔になることで大きな喜びを得ることができるようです。


摂食・嚥下障害看護認定看護師の受験資格は
通算3年以上の摂食・嚥下障害患者が多い病棟や保健施設、在宅ケア領域での看護実績を持っていて、
摂食・嚥下障害患者を5例以上担当した実績があることが条件です。
また、現在、摂食・嚥下障害患者の看護に携わっていることが望ましいとされています。


関連ページ


>>手術看護認定看護師の仕事内容・役割
>>糖尿病看護認定看護師の仕事内容・役割
>>脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の仕事内容・役割