認定看護師資格一覧
          

手術看護認定看護師の仕事内容・役割

手術看護とは、手術中の患者の体温管理や体位の固定、手術器具の管理、
手術が円滑に行われるための器械出しや器械整理など
手術中の患者の安全を保つために、細心の注意を払って手術の支援をすることです。
それだけでなく、手術に対して不安を抱える患者の気持ちを理解し、
精神的負担を取り除けるようにケアすることも手術看護においてとても重要です。
手術前から患者とコミュニケーションを取ることで、患者の緊張感を和らげて安心感を与えることができます。


現代では、医療技術の発達によって手術医療は高度化しています。
そんな中で、手術看護に特化した看護師がいることは患者や現場の大きな支えとなります。
手術看護認定看護師は、熟練した知識と技術を持った手術看護のプロフェッショナルなのです。


リスクの高い患者に対して、心身の手術侵襲が最小限に抑えられるような看護や、
術後の回復過程を念頭に置きながらの手術看護を的確に実践できることが求められます。
また、質の高い手術看護を通して役割モデルを示したり、常に自己研鑚に励むことで
手術チームからの厚い信頼とチーム全体の成長を促す役目も期待されます。


手術看護認定看護師の受験資格は
通算3年以上の手術看護分野での実績を持っていて、
手術看護における器械だし・外回り看護師の実績があることが条件とされています。
また、現在、手術看護部門で勤務していることが望ましいとされています。


実際に手術看護認定看護師の資格を持っている看護師の声を見てみると、
手術看護に対して、その専門性を深めたいという強い意思が感じ取れます。
そして、深めるだけでなく、得た知識を現場で活かしたり周りとの情報交換に役立てたりといった
チーム全体の士気を上げるような看護を目指している方が多いようです。
高度化する医療において、手術看護認定看護師の活躍の場は今後ますます増えていくことでしょう。


関連ページ


>>がん治療に対して専門性を高めた看護師が取得する資格4つ