認定看護師資格一覧
          

感染管理認定看護師の仕事内容・役割

感染症は数えきれないほど存在し、いつ誰の身に襲ってくるか分からない、非常にやっかいなものです。
特に医療機関には様々な細菌が存在するため、注意が必要です。
実際に病院内で集団感染したという事例も少なくありません。


感染管理認定看護師は
熟練した看護技術と知識を用いて質の高い感染管理活動を実践できる看護師で、
感染管理組織の中心人物です。


感染管理の概念を理解し、
疫学の知識に基いた院内感染の調査や監視、効果的な感染予防技術の導入と推進、
各施設の状況に合わせた感染管理プログラムの立案とその実践などが求められています。
他にも、感染管理教育、職業感染予防、施設管理、感染問題に関する相談といった、
「実践・指導・相談」の3つの役割を果たすことが期待されています。
また、感染症学や微生物学、洗浄・消毒・滅菌など
関係法規に関する最新の知識を常に取り入れ、感染管理の実践に役立てなければなりません。


感染管理認定看護師の資格を実際に持っている看護師の声を見てみると
病棟で感染リンクナースを担当したことがきっかけだったり、
感染管理についての小さな疑問がきっかけだったりと
日々の勤務の中からそのやりがいを見つけている人が多いようです。


感染管理認定看護師の受験資格は
通算3年以上の、最新知見や自施設のサーベイランスデータなどに基づいて、
自身が中心となって実施したケアの改善実績をが1事例以上持っていることが条件とされています。
また、現在、医療施設などで自分が専任もしくは兼任として
感染管理に関わる活動に携わっていることが望ましいとされています。