診療科目別 看護師求人情報
          

整形外科・形成外科・美容外科・リウマチ科・リハビリ科の看護師求人情報・看護師の役割・仕事内容

「整形外科」の看護師求人情報・看護師の役割・仕事内容
整形外科とは、運動器官を構成するすべての組織が診療対象となります。
例えば骨、神経、筋肉靭帯、関節軟骨などの症状の解明、診療、治療が目的とされます。


整形外科の診療の特徴としては、幅広い治療方法でインフォームド・コンセントを重要視し、
その治療効果が実感しやすく高齢者など患者の生活の質の向上を目指し、
痛みや障害で日常生活や就労、スポーツなどに支障をきたしている人の
早期社会復帰をサポートします。


また、交通事故での外傷の治療も行っており、
対象となる年齢層は小さな子供から高齢者まで全てで、訪れる患者層もさまざまです。

看護師・医師は、その幅広い年齢の患者さんに応じた臨機応変な対応が求められます。
※日本整形外科学会より


厚生労働省が公表している平成22年の国民生活基礎調査の
「性別に見た有訴者率の上位5症状」の自覚症状の調査で・・・
●男性では1位:腰痛
     2位:肩こり
     3位:鼻がつまる
     4位:せきやたんが出る
     5位:手足の関節が痛む

●女性では1位:肩こり
     2位:腰痛
     3位:手足の関節が痛む
     4位:鼻がつまる
     5位:身体がだるい
という結果が出ています。
(※この平成22年の調査結果が、平成24年現在の最新の公表データとなります)


このように整形外科は現代の高齢化社会の影響も大きく、
今後も治療の質が高く、より高度な治療と医療従事者のサポート力が期待されます。


★整形外科での看護師の主な仕事内容は、
診察介助、レントゲン・ギプスの準備、採血、薬剤発注、筋肉注射、掃除、
なかには内服薬の準備なども看護師が行う病院もあります。

基本的に、診療科目の中でも手術件数が多いのが整形外科ですので、
日々の業務内容もオペ中心となることも多いようです。

その日の業務内容はクリニカルパスでしっかりと確認し、
把握しておけば対処はできますし、患者さんの治療効果を喜びに変えながら
やりがいを感じて働けます。


ただ、やはり患者はほとんどの方が高齢者で、
認知症の方も患者として入院・手術されることが多いのも特徴です。

そのため、高齢患者さんとの向き合い方や、
ADL援助や認知症患者さんへの的確な対応も求められます。


整形外科は単純に、治療や手術のサポートのみにとどまらず、
在宅支援などの他分野の連携がとても重要になってくる科であるため、
看護師としてのスキルアップにも繋がり、学ぶことが多い科目です。


「形成外科」の看護師求人情報・看護師の役割・仕事内容

眼科、耳鼻科など、特定の部位のみが対象となる診療科目とは異なり、
全身が診療対象となります。


整形外科との違いは、形成外科は身体の表面的な部分の治療、
例えば顔面骨折、あざ、腫瘍などの美的医療など、先天的ものから後天的なものまで、
その患者さんのQOLの向上を目指します


また、ガンの切除や再建もこの形成外科の範囲となり、
患者さんの年齢層も幅広いことがわかります。
※日本形成外科学会より


また、美容外科という部門は、この形成外科の一部に入ります。

しかし、形成外科は簡単に言えばケガや疾患がある方に対して行われる治療、
美容外科というものは健常な方がもっと美しくなるためにされる治療を指します。


★形成外科での看護師の仕事内容、役割
形成外科の患者さんには、先天性・後天性の治療も含め、
その治療以外にも内面的・精神的なサポート・ケアがとても重要になってきます。


治療から回復に至るまで、患者さんのメンタル面で
いかに看護師・医師がケアしていくことができるか、そのスキルが求められます。


患者さんの治療はもちろんのこと、
そういった部分でのコミュニケーション能力や知識が活かせるのではないでしょうか。


看護師の転職の現状として、一般病棟などで勤務していた方が、
夜勤の過酷さから整形外科や形成外科、美容系形成外科などに転職する看護師の方が多いようです。


美容外科の看護師求人情報・看護師の役割・仕事内容

美容外科という部門は形成外科の一部に入りますが、

この2つの違いは、形成外科はケガや病気で疾患のある方への治療となり、

美容外科というのは健常者が対象となり、より美しくなるための治療が、

この美容外科で行われるものです。


たとえば二眼まぶたや豊胸手術、アンチエイジング、
脂肪吸引などがこの美容整形と呼ばれるものです。


訪れる患者の目的も一般病棟や整形、形成外科などにこられる患者さんとは異なり、
どこかに疾患をかかけているわけではなく、外観などのコンプレックスから来る部分への改善です。


治療においてはインフォームド・コンセントが重要視されており、
美容外科の目指すものは、患者さんの希望により近づけるような形成技術、
不満感やコンプレックスをいかに取り除くことができるかです。


美容外科の治療は、病気のための治療や施術ではありませんので、
基本的にほとんどの治療が健康保険は適用外となり、
全額自己負担での受診・治療となります。

中には、健康保険が適用されるものも最近ではよく目にします。


また、この分野に関しては過去に医療行為としての認識が比較的甘かったせいもあり、
治療によるトラブルの報告も多く、最近では以前より少なくなりましたが、
そういった反面も持っています。


こうしたことから、クリニック内での医師と看護師との連携や、
異常が起きた事態への早急な対処、的確な対応力が必要となってきます。


★美容外科での看護師の仕事内容
仕事内容としては主に診察介助や脱毛の補助、器具の準備や滅菌、
小さなクリニックなどによっては看護師が受け持つ作業も多くなり、
細かな仕事が増えそうです。

働いている年齢層も若干低めで、エステ業務に似た業務内容もまります。


過酷な夜勤や業務内容から、一般診療から美容外科などに転職する看護師も多く、
残業はほとんどなく夜勤もないので、子育てをしながらの再就職や転職には
お勧めかもしれません。


リウマチ科の看護師求人情報・看護師の役割・仕事内容

リウマチ科とは、関節や筋肉、骨などの周辺に
痛みを引き起こす病気全般を対象とする診療科です。

リウマチと聞くと一見比較的にやや年齢層が高めな方が受診するような印象を受けますが、
30代かなどの若い女性もかかりやすい病気が多いです。


リウマチ科でよく扱う疾患には、抗リン脂質抗体症候群、シェーグレン症候群、
ベーチェット病、全身性エリテマトーデス、MCTD、全身性硬化症、川崎病、骨粗鬆症、
多発性筋炎、関節リウマチ、ループス腎炎、血清反応陰性脊椎炎、掌蹠膿疱症関節炎、
変形性関節炎、痛風などがあります。

その症状の重度は人それぞれで、
症状は軽く生活に支障がなく暮らせている方から、進行の早い方までさまざまです。


またリウマチ科へ受診・治療していても、
そこから他器官への影響を引き起こし、合併症になることもあり、
その他診療科との連携がとても重要になってくる部門だと思います。


治療方法には、薬物治療、外科治療、リハビリテーションなどがあります。

以前は、リウマチなどの病気は"生涯痛みと付き合うもの"と思われることが多かったですが、
最近では医学の進歩により、有効な治療方法もさまざまです。

★リウマチ科の看護師の役割
ですが、やはり長い目で治療・ケアしていく疾患が多い科ですので、
看護師はそういった患者さんの治療面以外でも心の支えとなり、
またそれを支える家族のサポートもしていくことが求められます。


リウマチ看護に携わっている看護師向けで、
平成22年度より「(公財)日本リウマチ財団登録リウマチケア看護師」というものもあります。

これは、リウマチ治療の中で他職種とのチーム医療が重要視されている現代で、
リウマチ性疾患のケアに優れている看護師の育成し、協働することによって
患者さんへ高い水準の治療を提供することが目的で作られました。

登録には一定の資格基準があり、例えば3年以上の継続したリウマチケアの経験があり、
リウマチケアの教育研修会20単位以上など、いくつかの項目があります。
(※公的財団法人 日本リウマチ財団より)


リウマチ科で就業したのち、その経験や知識、ケアの能力を
こういった"リウマチケア看護師"として実力をしっかりと活かしていくこともできます。

高齢化社会で今後もますますニーズがあり、将来性もありますね。


リハビリ科の看護師求人情報・看護師の役割・仕事内容

リハビリテーション科とは、ケガや病気によって神経・筋・骨格系の異常による
運動機能障害者を対象にして、日常動作などの障害を取り除くための医学的治療や
訓練を行う科目です。

ただ、患者さんの失われてしまった機能を回復へと導くだけではなく、
残された機能、つまり残存機能を十分に引き出すこともリハビリテーションの重要な役割です。


このリハビリテーションは、リハビリテーション専門医、リハビリテーション看護師、
理学療法士、作業療法士、義肢装具士、ソーシャルワーカー、言語聴覚士、臨床心理士などとの
チームワークによって行われます。

このような多くの専門家によって、
最善な治療法や治療プログラムが組まれることとなります。


リハビリテーション科の対象となる疾患には、脳卒中、外傷性脳腫瘍、
脊髄損傷、小児疾患、四肢奇形、切断、股関節疾患、関節リウマチ、神経・筋疾患、
心疾患、呼吸器疾患、内部障害、摂食嚥下障害などがあります。
(※公益社団法人 日本リハビリテーション医学会より)


行われる検査内容には、筋電図、神経伝導検査、歩行分析などです。


具体的な治療方法としては、薬物療法、運動療法、物理療法、
作業療法、言語療法、装具療法、義肢作製です。

このような治療法を患者さんに合わせて組み合わせることにより、
治療をより効果的なものにします。


★リハビリ科の看護師の仕事内容、役割
看護師の仕事内容としては、リハビリテーション病棟であれば
日常生活での動作の訓練の指導、また退院後の生活指導、家族への介護指導、
合併症の予防などもあります。

そして、非常に多くのストレスを抱えている方も少なくないわけですから、
そういった方のメンタルケア、患者さんが常に前向きな姿勢で
リハビリが行っていけるような状態に維持していくのも看護師の大切や役割です。


リハビリテーション科には、さまざまな疾患や慢性疾患のために
自分でスムーズに動くことが困難になってしまった方や、思ったままに動作ができない方、
普段の生活まで制限されてしまった方など、リハビリテーション科にはそういった方が訪れます。


高齢化社会に伴い、命に係わるような疾患ではなくても
それが原因となり寝たきりやリハビリが必要となってしまう高齢の方も少なくありません。

ですので、リハビリテーション科の需要が今後も高まり、
看護師もより多くの医療機関で活躍できると思います。

各専門医のみならずリハビリテーション科で働く看護師も、
患者さんのQOLを一番に尊重し、1日も早い家庭復帰・社会復帰ができるよう、
努力していける看護師が求められるでしょう。


その他の診療科目別 看護師求人情報


内科・循環器内科・消化器科・精神科・神経内科・心療内科・小児科
外科・小児外科・脳神経外科・心臓血管外科・呼吸器外科
麻酔科・放射線科・人工透析科・東洋医学科
眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科・アレルギー科・歯科口腔外科
産科・婦人科・泌尿器科・性病科・肛門科