実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

インジェクションナースとは?

看護師の仕事は昔に比べたら、どんどんと広がって
病院で働くだけの仕事には限らない時代。


まだあまり聞き慣れないような響きだけど・・・


「インジェクションナース」


響き的にはすごくかっこよく聞こえる感じ!?


その仕事の内容とは・・・


簡単に言えば、病院の薬剤部門で点滴準備。


今までは薬剤師も点滴のミキシングを行っていたけど
針仕事には慣れてる看護師の方が
早く仕事ができるんじゃ?


って考えられたのか・・・?


大規模の病院ならなおさら、病棟で働く看護師を
沢山雇っておきたいと考えるところだけど・・・


点滴類のミキシングも各病棟ではなく
中央部門としての薬剤部で一括して行った方が
安全かつ効率的という考え方になってきているのかも。


病棟で働く看護師にしてみれば、
ミキシング済みの点滴でも、それをつなぐ患者さんを間違えたら
医療ミスにはなってしまうので、
薬の内容、患者名は準備段階、接続時など
要所でダブルチェックはしているはず。


ミキシングの作業にかかる時間はそう長くはないにしても
確認作業から含めたら結構な時間を費やすしね。


それをまとめてやるというのは、確かに効率のよい話!


しかも、ミキシングの作業だけであれば
時間を短めに設定した看護師のパートとして雇うことができるし
短時間だけ働きたいと考えるようなママナースにとっては、
いい条件の仕事と思える。


雇う側にとっても、仕事したい側にとっても
好都合な感じがする。


でも、ひたすらミキシング・・・・


看護師してる人って、基本的には
お話大好き?な人だから、病院で働くのに
患者さんと接する機会があまりないというのは
ちょっと寂しかったりもするのかも。


ブランクあって、針仕事の勘を取り戻すくらいな感じで
する仕事にしたら丁度よいのかも・・・。


まだ定着した言葉ではなさそうだから
これからこういう働き方での求人が出てくるのかもしれない。


>>次の記事 夜勤専属のお仕事!


<<前の記事 子育て主婦の再就職活動日記 ナースの復職支援


関連記事


離島ナースって??
ツアーナースって??