実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

実際にあった転職のお話(胸部外科病棟へ)

新卒で市内の大学病院の耳鼻科病棟へ就職し3年半勤務。
その後胸部外科病棟へ異動。


耳鼻科も外科ではあるけどマイナー系で
胸外ほど術後の管理は細かくないし、全麻後の管理の勉強も
1から確認しないといけない感じで、4年目にも関わらず
ベテランの先輩が指導担当についた。


4年目でプリセプターになることはあっても、
プリセプターがつくことは珍しい・・・


決してこのプリセプターさんと相性が悪かったわけでも
人間関係が悪かったわけでもないけど・・・


時々患者さんが急変したり、
常に病棟内にモニターの音が流れていて
心が休まるときがないことにストレスがたまって・・・


段々と眠れない日が増えてきた・・・。


自分が精神科で睡眠薬を処方してもらうぐらいの状態になり
何とか休まずに仕事には行ってはいたものの


仕事からくるストレスで体調も崩し始め・・・


しばらく病休をとることになった。


いわゆるバーンアウトの状態・・・


まじめな彼女は一生懸命に課題もこなし
家でも気が休まることがなかった様子。


5年目になり、何とか仕事には復帰したものの
やっぱり毎日がしんどくて・・・


他の病棟に異動することも人事と相談してはいたみたいだけど
この病院で勤務することに対してもしんどさがあり


年度の途中ではあったけど退職することになった。


その後しばらく休養したけど
やっぱり看護の仕事はしたいという思いが強く、


新年度になるときに合わせて
転職サイトを利用し、市内の日赤系の病院へ就職が決まった。


いくつか仕事を紹介してもらい、個人のクリニックのようなところでも
いいかと思ったけど・・・


大変ではあったけど、全麻後の術後の管理のことも勉強はしていたし
もう少し大きい病院で仕事したいという思いもあって


結局総合病院を選んだと・・・


仕事の大変さは似たようなものだけど
病院を変わったことで、少し気持ちは吹っ切れて
前よりはストレスを感じずに働けているとのこと。


職場の人間関係でもめたりしたわけじゃないけど
仕事に対してのプレッシャーが原因??で
転職した彼女。


基本的に真面目な性格な人が多い看護師の職場、
うまく気分転換したり手を抜くこともときには必要な仕事だと
あらためて感じた。


>>次の記事 2年生ナースのお仕事日記 5月22日(火)日勤


<<前の記事 認定看護師のお話


関連記事


実際にあった転職のお話(胸部外科病棟4年、泌尿器科病棟で3年)
実際にあった転職のお話(循環器内科で3年半、胸部外科病棟で1年半)