実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

実際にあった転職のお話(企業の健康管理室の看護師へ)

 某大学病院へ新卒で就職。
 その後、泌尿器科の病棟へ配属されて3年勤務し
 4年目で胸部外科へ異動。
 泌尿器科も一応外科ではあるけど、
 メジャー系の外科とは正直いいがたい。


 簡単な術後の管理や水分管理についての
 知識はある。


でも、やっぱり心臓外科の分野は、難しい・・・。


 異動になるとその科の専門知識については
 学生の頃の知識だけでは追いつかないし、
 自分で勉強しないと新卒の子たちのようには
 手厚く指導はしてもらえない・・・。


 仕事が忙しいとなかなか勉強ができないのが現実。
 

 前の病棟に比べたら、仕事量も多いし
 モニター管理をしている患者さんが多いということは
 かなりのプレッシャー。


 精神的にしんどくなり、プライベートもなく
 ただひたすら働く。
 残業はあたり前・・・


 夜勤のある仕事もできれば次は避けたい・・・。


退職したい旨を伝える前に、次の仕事も一応目途をつけないといけない。


そんなときに、医療職を扱う求人サイトで
企業の健康管理室の看護師の仕事を見つけた!


保健師の資格もあるけど、保健師の採用ではなくて
看護師としての採用。


面接を受ける前に、退職するということは伝えた。


3月になって、退職目前。採用が決まった。


夜勤のない生活、残業はほとんどない。
給料面では総額は下がるけど、一人暮らしはできる範囲。


企業が大きいだけに、福利厚生はしっかりしている。
当初は契約社員だけど、正社員へなる道もある。


看護師としての採用ではあるけど、仕事的には
保健師のような役割もある。


看護の経験も活かすことはできる。


4月になって、新しい職場へ。


健康管理室へ来る人、1日に数人程度。
最初は暇すぎると思えたぐらい。


でも、今までが忙しすぎた。
こんなふうにゆったり働くことができる職場もある。
これなら結婚後も続けられるかもしれない。


転職して、平日の仕事の後に習い事もできる余裕ができた。


生活圏を変えずに転職できたから引っ越しもなく済んだ。
転職してよかった!のお話でした。


>>次の記事 実際にあった転職のお話(外科の病棟へ)


>>前の記事 看護師を辞めた訳・・・


関連記事


実際にあった転職のお話(都内の某大学病院へ)
実際にあった転職の話(大学病院→大学院→看護学校の助手)
実際にあった転職の話(日赤系列病院HCU→市役所の保健師)