実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

保健師のお仕事の話

看護師の経験5年・・・


 その後、実は少しだけ保健師の仕事しました。


 結婚して、長男を出産して、
 1歳過ぎて少し楽になってきたころ、
 二人目が産まれる前に少し保健師の仕事を
 経験しておきたいなぁという思いがあって。


 結婚後にフルタイムで病棟勤務のような
 ハードな看護師の仕事につくのは辞めようと
 漠然と思った私。


私にとって家族が1番。もちろん仕事はしていたい。


 でも、子供を保育園に長時間預けることに
 自分の中では割り切れない思いがあって・・・・。


 二人目の子が3歳くらいになったら
 本格的に仕事に復帰したい。
 できれば保健師として!


そう考えると子供が一人のうちに、少しでも保健師の経験を積んでおきたい。


 二人目の子を出産して、一旦離職しても
 次に仕事復帰を考えるときに、同じ職場に戻れたら
 また1から仕事を覚えなおさなくてもいい。


 家庭と仕事を両立することを考えると
 仕事でのストレスは極力かからない方がいい。
 その頃はそう考えていた私。


 偶然にも市の発行する広報誌で看護師、保健師の資格のある人は
 市へ登録して下さいとの記事を見つけ・・・。


すぐに求人はこないと思って、とりあえず市役所へ行って登録してみた。


 さらに偶然にも、ちょうど産休・育休の保健師の補充があり
 突然連絡がきた。


 そのとき、長男1歳4か月。
 ちょっとずつ自分の意思がでてきて、
 段々と手がやけることが増え・・・。


 少し気分転換に仕事をしたいとも思っていた私。


実際に仕事をするとなると、息子を預ける先を探さなければならない・・・。


とりあえず、仕事の話を聞きつつ、
保育園の空き状況を確認すべく、市役所へ。


偶然に偶然が重なって、パートの人専用で
週に2、3日程度預けることができる保育園の空きが見つかり。


託児所に預けるよりも、費用的にはかなり安くて
広い施設で保育をお願いできるので
預ける先を確保!


そんなわけで、保健師のパートで週3日程度仕事をさせてもらえることになりました。


役所内で保健師が配属されている部署は
何か所かあるけど、こども家庭課に配属され、
保健師の経験はないけど
子育て中のため少しは知識と経験はある。
なんとかやっていける・・・?


不安がありつつも、職場の人間関係の良さに助けられ
未経験でも丁寧に仕事を教えてもらい、
色んなサービスがあることも知り、


かなりいい経験を積ませていただきました。


それと同時に自分と同じような子育てに関する悩みをもつ
お母さんたちの話に共感したり、
自分の子育てを反省したり。


保健師の仕事だけではなく、母としての自分に対しても色んなことを考える糧になりました。


就職試験で保健師の試験も受けて、
いつかは保健師の仕事もしてみたい!


との思い、少し叶えることができました。


長女出産のため、実質9か月程度の勤務で
パートのため退職になりましたが
こども家庭課で委託保健師という枠でパートとして
仕事をすることも可能らしく・・・


健診の補助の仕事もあるし、
今後仕事復帰するときの候補にしたいと思います。


>>次の記事 看護師を辞めた訳・・・


<<前の記事 看護師再就職活動日記  Part 1


関連記事


保健師になるための学校についてのお話
実際にあった転職の話(日赤系列病院HCU→市役所の保健師)
実際にあった転職の話(医学部保健学科→産科・NICU→保健師)