実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

ドクターの当直室って?

先日うちの病棟の仮眠の仕方のお話をしましたが・・・


先生たちも毎日交代で当直しているので
当直室があります。


病棟ごとの当直というよりは、診療科ごとの当直でもあるので
一つの病棟に留まらず、その科の患者さんが他の病棟にいて
夜間に何かトラブルがあればそれぞれの病棟へ
対応に行くという感じ。


救急外来には、救外担当の当直の先生がいるけど
外科、内科という大きな分け方で、救外としての診療科の当直もいるので、
外科当直が第一外科のときもあれば、第二外科の日も。


そのため、先生たちの当直室は各階の病棟に一つずつはあり、
外来の方に救外当直用の当直室があるのだとか。


あまり部屋の中の様子は見たことがないので分からないけど
当直室でぐっすり眠る先生は少なく、年配の上の方の先生ぐらいで
若手の先生たちは当直のときは、ここぞとばかりにたまっている仕事をして
次の日の仕事に差し支えない程度に
医局のソファーなどで少しは眠るという感じらしい。


大体の先生は準夜帯で消灯前に呼び出しがなければ
消灯後に少し看護師が落ち着いた頃を見計らって
病棟の様子を見にきて、追加で欲しい指示がないか確認して
医局に戻って自分の仕事を始めたり、
当直室に入ってゆっくりするなり
といった感じなんだけどね。


そもそも、オペ日でオペが長くて準夜でも21時過ぎに病棟に戻って
くることが稀にあるし、
先生たちが医局でカンファレンスをしている日は
ほとんどの先生が21時過ぎまで残っているしで
平日は22時ごろなら医局にはいっぱい先生が残ってるから
当直で対応できないことだと、担当医の先生が来てくれることも
多々あるんだけどね・・・。


そして・・・


看護師は3交代で夜勤あけの日はもちろん仕事はないけど
先生たちは当直で一晩病院にいても、
そのまま朝からまた仕事。


大学病院の当直をしていなくても、
外の関連病院などで当直バイトをしている先生も
たくさんいるので、当直先の病院からそのまま大学へ出勤する
なんてことも多々。


ドクターの仕事って、看護師以上に体力勝負な感じがするのです。


お互いの協力なくしては、
患者さんが安心して過ごせない病院の仕事。


ちゃんと思いやりの一声をかけてくれる先生がいっぱいいるし、
私たちも当たり前と思わずに、
昼夜続けて仕事してる先生たちに
労いのお言葉をかけられるようにしたいと思います。


>>次の記事 師長になるには??


<<前の記事 看護師寮のお話


関連記事


2年生ナースのお仕事日記(週末土曜日・花火大会の準夜)
2年生ナースのお仕事日記(先生たちとの飲み会)