実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

病棟のお正月

病院が長期の休みになるのは
ゴールデンウイークとお正月の2度。


それも、カレンダーによってはせいぜい6連休ぐらいなんだけど
今年は土日も絡んで外来が始まるまで8連休。


ドクターにとっては少しゆっくり休めるのかな??


私たちナースはというと・・・
せいぜい3から4連休。


それでも、一応連休はとれるから、実家にゆっくり帰省する人も
いるみたいだけどね。


長期間外来が休みになっても、病棟は通常業務。
でも、オペは緊急のみなので普段の仕事量に比べたら多少は楽なのです。


しかし!?
休みに入る前に色々な準備が必要で・・・


そこで業務係りの出番なのです。


いつもなら、毎日必要な機材だったり資材は
すぐに補充されるんだけど
長期のお休みの間はそれがストップしてしまうので・・・


一部屋物置場所を取らないといけないぐらい
ガーゼや処置に使う資材から、点滴類まで
とにかく大量に病棟にストックすることになるのです。


その必要数をおおよそで予想して注文するのが
業務係の仕事の一つ。


でも、長期の休みに入るときは、退院できそうな患者さんには
休み中でも退院していってもらうし、まだ治療は継続する必要はあっても、
放射線治療など術後の経過観察中の患者さんでなければ
外泊に行ってもらうこともあるのでかなり患者数が減るのです。


しかも、お正月ともなると
ゴールデンウイークよりもお家で過ごしたいと思う患者さんが多いので
大晦日からお正月の3日まではかなり患者さんの数が少なくなるので
一年のうちで唯一日勤でも休憩時間外でお茶をすることができることもあるのです。


病棟によっては、通常の4分の1程度まで一時的に減ったりすることも
あるみたいだし。


患者数が少ないとは言いつつも、
実はなんだかんだで緊急入院はあるのよね・・・。


しかも、盲腸程度だったりするけど緊急オペになったり。
勤務の交代にさしかかる時間帯でなければ
およそ残業なく仕事は終わるし、お正月休みは何となく
私たち看護師にもあるようです。


急遽深夜から??


私の場合は1年目のときは年末31日まで仕事し、
日勤だったので仕事が終わってから実家へ帰省。


3連休もらっって、いつもなら休み明けは新人だから
日勤から始まるんだけど
なんと、勤務の変更の都合で急遽深夜から入ることになったのです。


日勤―深夜の流れで、深夜勤に入ることがほとんどで
ごく稀に日勤―深夜―深夜という昼夜逆転の勤務があるけど
昼間ひたすら寝て、また仕事に行くという感じで・・・。


休みの後の深夜だと、寝不足状態でないけど
とりあえず夕方早くに寝て、夜中に出勤しないといけないので
変な感じでした。


話がそれたけど・・・
今年も31日は日勤で仕事納めになった私は
病棟内で年越しすることはなく・・・


実際を見ていないけど、31日の準夜と1日の深夜勤務の人には
年越しそばが出るみたい。


全病棟なので調理室で用意してるのか?
看護部が出してくれてるのか?


よく分からないけど患者さんには内緒らしいです。


でも、確か31日の昼食か夕食のメニューに
年越しそばのような麺類のメニューがあったような。


そして、お正月の患者さん達のお食事には
おせち料理らしいものが少しずつ入っていて
身体の状態によっては食べられない人もいるけど
普通食の患者さんだと、お正月気分を食事で感じることができるようです。


私たちの食事はというと


これまたうちの病棟だけがしてることらしいけど・・・
院内のレストランもお休みになるし、
毎日売店も飽きるし、お休み中は日勤が5人しかいないので
お昼休憩に買いに行くことができないので
休みに入る直前に買い出しに行き
すぐに食べられそうなレトルト食品やらインスタント食品
冷凍食品などなど、短時間で調理できるものを日勤は食べるというのです。


しかも、お料理得意な先輩がいるときは
買い出しした食材にプラスして、家で下ごしらえしたものを
持ってきてくれて、休憩室と師長室にある電磁調理器をつかって
食事を作ってくれるのです。


そうするとかなり豪華!!
今年は一度日勤で同じになっただけだったけど
美味しいお昼ごはんをいただきました。


この先輩がいない日はフリー業務をしている人が
食事準備係り(笑)


全く看護師の仕事ではないんだけどね(笑)


こんな風に仕事中に食事準備の時間をとれるというのは
病棟が落ち着いているという証拠です。


お正月の仮眠のお話。


年2回の院内の長期休暇、お正月が随分と暇になるということは
もうお分かりだと思いますが・・・


普段の深夜勤ではうちの病棟だと仮眠をとることが
ほとんどないんだけど・・・


年末年始の深夜に限っては
患者さんの状態が落ち着いていると
本当に暇なので・・・


先輩からも仮眠とっていいよとのお言葉をいただけるのです。


3人が一度に寝てしまうとさすがに困るので
交代で仮眠を取りに行ったけど
その寝る場所は???


起きてる人がナースコール対応するにしても
一人は師長室のソファーで
もう一人は休憩室のソファーでと
とてもぐっすり眠れる場所ではないのです(笑)


お正月中の深夜に入るとき
前日の日勤もほぼ定時で終わっていることが多いので
深夜に来る前の仮眠もいつもよりは長くとれるはずだし。


仮眠というよりはごろんと横になって身体を休めるという感じ。


でも、詰所の机でふせ寝するよりは全然いい!
年に何度も病棟内で仮眠することがないので
とても落ち着かなかったけど(笑)


他の病棟では、普段の夜勤でも十分仮眠がとれるところもあるみたいだけど・・・


うちの病棟じゃ無理な話で・・・。


配属される病棟によって、夜勤入り前の残業の量も少なくて
早く帰宅してたくさん寝て、出勤できるところもあるし
私たちのように寝る時間削られて残業して、
夜勤中でも仮眠とれないってなると、身体にかかる負担は
同じナースでも全く違うよね。


若いからこそできる夜勤!?
(先輩達もしてるけど・・・)
小さいころは徹夜が全くできなかった私。
初めて徹夜したのが大学に入ってからだったし
まさかこんな風に夜中に仕事して起きている生活をするとは・・・。


お肌のためには、できるだけ仮眠とらないとね(笑)


>>次の記事 看護師寮のお話


<<前の記事 病棟のクリスマス


関連記事


2年生ナースのお仕事日記 休みだけど研修旅行!
2年生ナースのお仕事日記 今日はお休み♪