実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

2年生ナースのお仕事日記(看護研究発表会)

私の勤めている病院、大学病院なので
一応は教育機関の役割もあって・・・・


市中病院や企業病院でも、熱心な管理職がいると??
学会に看護研究を出したりもしているようだけど、
熱心とか関係なく・・・
うちの病院は年に1度は院内の看護研究発表会があるのです。


しかも、基本的には1病棟1研究発表なので、
何かしらは出さないといけないらしいんだけど・・・・。


そして、1年目のときはこの研究グループには属さず、
仕事に慣れることを優先して研究は免除されるので
お気楽だったんだけど・・・・


2年目からは強制的に研究グループに割り振られ・・・


日々の仕事も残業だらけなのに、
いつ研究なんてするの??と
疑問と怒りの感情が入混じりつつも、
師長さんも忙しいのを承知の上、一応管理職の立場上
研究をちょっとずつでも進めてねと
時々プレッシャーをかけるのです。


昨年は、その前年からの研究の延長で追加発表的な感じの論文にして
院内発表会にも1題提出していたけど・・・


中心になって取り組むのが、3年目、4年目あたりとか。
で、夜勤明けとか休日に病棟に出てきて
研究の仕事していた先輩を見た気がする。


でも、今年は欠員もあってホントに忙しすぎて・・・


誰一人研究をやろうと言える人もおらず・・・


師長さんも、時々プレッシャーをかけつつも
現状を見ると、スタッフみんな日々の業務で疲れ切ってるので
一応声をかける程度で済んでいて、ホントありがたい。


研究テーマを絞り込むのも、
およそ病棟の特徴が出るところのことで
うちの病棟だとストマ管理のことや、術前・術後の患者や家族への
心理面でのケアのことなど


もう、研究しつくされてることばかりなのでは??
ということを、ちょっとずつ変えて研究テーマにしていたり。


医技短から4年生の看護大へ変わって期待されていることの一つに
この看護研究のことがあげられていて。


忙しい実習をぬって、看護研究も4年生のときに
しっかり時間をかけて取り組んでいくので
テーマの絞りこみまでの文献検索に始まり
研究の仕方とでもいうのか、それをきちんと学んできていると
期待されているのです。


確かに、文献検索、実験や検証、結果を統計にかけて
結論を導き出すという一連の流れを
一人ではなくグループで研究を行うというのも、
院内の看護研究と同じこと。


業検や係り会、チーム会だと時間外勤務がつけられるのに
看護研究だと業務の一環なのに、堂々とは時間外をつけられない・・・。


いつかは中心になって進めないといけなくなるんだけど・・・
できれば今の病棟で発表までは至らず、異動にならないかなぁ。


>>次の記事 看護師の7つ道具とは??


<<前の記事 2年生ナースのお仕事日記(異動の時期のお話)


関連記事


2年生ナースのお仕事日記(看護師の結婚適齢期)
2年生ナースのお仕事日記(職場の人間関係ストレス)
2年生ナースのお仕事日記(師長さんとの面談)