実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

実際にあった転職の話(大学病院内科→胸部外科→離島ナース)

大学の医学部保健学科を卒業後、大学病院へ就職。
希望通り内科へ配属され、2年勤めた後に退職。


長期間の旅行へ出るために、出発前までは看護の仕事とは全く関係のない
バイトの生活。


1年半休養した後、中途採用として再度大学病院へ復職。


若いうちに、とにかく色々なことが経験したいという気持ちがあって
今回は外科希望を出し、胸部外科へ配属された。


同期は4年目だけど、1年休養した分3年目となり
外科も初めてなのでプリセプターがついてくれた。


内科も忙しいけど、忙しさの時間の流れ方?のようなものが
やはり外科とは違い・・・。


外科の一日はとにかくあっという間・・・。
でも、やりがいはある。


胸部外科で3年ほど経験を積むと、すでにリーダー層へ。


新人さんたちの指導もしつつ、病棟での役割もどんどん大きくなり
ただ看護を楽しむだけではなくなって・・・


前回の長期の旅でできなかったことがしたくなって
再度退職することに。


そして、今回は院内の看護教育のシステムに対しても疑問に感じ
仕事へのモチベーションも上がらなくなったので
大学病院へ復帰する前提ではなく退職した。


1年旅に出て休養した後、外科と内科の経験も計6年ほどあるし
好きなことをしつつ、看護の仕事もできる
離島ナースとして働くことに。


6か月の契約で仕事をスタート。


実家からはずいぶんと遠くはなったけど
休みもとれるし、お給料も悪くない。


そして、大自然の中で山登りをしたりして
自分の好きなことをしながらプライベートの時間を楽しむことができる。


旅行をしながら、仕事をしているような感覚!?
契約期間は終了したけど、病院側の延長してほしいという要望もあって
契約を延長することに。


今後のことはどうするかまだ分からないけど
今の仕事の仕方や生活スタイルは自分にとってはあっているのかもと思う。


<<前の記事 実際にあった転職の話(日赤系列病院HCU→市役所の保健師)


関連記事


実際にあった転職の話(大学病院→大学院→看護学校の助手)
実際にあった転職のお話(胸部外科病棟4年、泌尿器科病棟で3年)