実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

潜在看護師とは??

潜在看護師っていう言葉は、人手不足の看護師の業界では
聞き慣れた言葉だけど


看護師の資格を持ちながらも看護師としての仕事をしていない人のこと


いわゆる、私みたいな人のこと。


そういう潜在看護師が全国に55万?65万人近くいるというのです。


看護師不足を解消するために
看護協会としても、この潜在看護師たちを
いかに復職させるかということに
力を注ぎ始めているみたい。


潜在看護師の多くは結婚や出産、育児などで
仕事を離れてブランクを持った人がほとんどなので
働きたいという思いがあっても、
実際に復帰して仕事ができるのかという不安や
子育てをしながら、急な休みなどに対応できるのかなど
不安を皆抱えているのです。


私もその一人。


前に復職支援セミナーのことを調べてみたけど
やっぱりブランクがあるまま、いきなり病棟には出れる気がしない。


だからこそ、即戦力として病院で働きたいなら
復職セミナーなどを利用するのが、自分の不安を軽減するためにも
いいのかなぁと思うのです。


いきなりハードな病院勤めをするのではなく
徐々に勘を取り戻しながら仕事をしていくことを考えるのなら
潜在看護師の復職場所として勧められるのが
介護福祉施設などの職場。


高齢化が進んで、介護福祉施設も増えているし
高齢者専用住宅などに常駐する看護師などもそうだと思うけど
術直後の患者さんを看るというようなことは全くないし
健康管理に携わり、体調の大きな変化がないかを
看ていくという仕事であるなら、
生命に関わる第一線で働くようなプレッシャーを
受けずに仕事ができると思うのです。


介護福祉施設の仕事が楽というわけではないけど


看護師しかできない仕事と、介護士の仕事との分類が
ある程度はなされていると思うので・・・。


他の就職先としては、クリニックや小規模医院など
入院施設のないようなところも、時間的に融通が利きやすいところも
多いだろうし、子育て中の潜在看護師が
短時間のパートなどで復職するには好条件なのかも。


仕事の探し方については、やっぱりハローワークなどより
看護師紹介会社を通す方が
どのぐらいの経験で、どのぐらいのブランクがあるから
どんな職場がおすすめであるとか
求人先との交渉についても、コンサルタントがしてくれるので
復職はしやすいみたいだし。


ネットで求人検索していても、


最近ではブランクOKと書かれているところも多々ある


自分で探すなら、そう書かれた先を検討すればいいのかもしれないけどね。


潜在看護師たちを減らすことは
ただ復職支援を行って、復職を促すだけでは済まず
離職者を減らすことへの取り組みも重要で・・・。


責任のある仕事を行う専門職として見合った給与水準であったり
労働条件、労働環境の改善などにより
看護の仕事が働きやすい職だと言えるように
変えていくことが必要になるんだと思う。


看護師の仕事が3Kと言われていた時代・・・
今現在もきつい、汚い、危険であるのは変わりなく
最近じゃ


8K!!!


とか言われちゃってるし・・・。
その8Kって言われても私もすぐ分からなかったけど


結婚できない・・・
子供産めない・・・
給料安い・・・・
休暇なし・・・・
薬づけ・・・・


とかいう話もあるぐらいだから・・・。


病院の収益によって、お給料面はとてもよいだとか
まとめた休暇がとれるだとか
結婚・出産後も育休がしっかりとれて
さらに復帰後は時短でしばらくは仕事ができる・・・


など、少しでも好条件のところに人気が集中するのは
やっぱり想像ができるよね。


少しずつでも、看護師不足解消にむけて
変わりつつはあると思うから、
自分の条件に合うような職場を見つけて
潜在看護師脱出しなくちゃなぁ。。。


>>次の記事 実際にあった転職の話(大学病院→大学院→看護学校の助手)


<<前の記事 短時間正職員とは??


関連記事


保健師のお仕事の話
看護師を辞めた訳・・・
インジェクションナースとは?