実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

学生の頃の看護実習《母性看護(産科実習)前半》

母性の実習は付属の大学病院を始め、市民病院の産科、
市内の大きめの産科クリニックなど4か所ほどに分かれての
実習でした。


どこで実習するかによっても全然実習の様子が違っていて・・・


私はまたまた大学病院・・・。


大学病院で出産するってことは何かしらのリスクを伴って
妊娠・出産するということがほとんどなので
一般的なお産に立ち会うことも少ないらしく・・・


そして、母性の実習は夜にお産があっても
病院から連絡がもらえてお産に立ち会うことになっているので
2人一組のペアで行動させてもらえることになっていた。


看護展開するために、患者さんを受け持つことにはなっているけど
お産が近づいていて、体もしんどい状態だったり、
元気な赤ちゃんが生まれてくるかどうか不安いっぱいで
精神的にも不安定な患者さんもいたりで
女性の患者さんを受け持つということは難しいのです・・・。


私の受け持った患者さんは初産で、切迫早産で入院した経歴があり
一度退院したものの、やはりまた早めに入院することになってで
妊娠中のトラブルに悩まされてきた方。


お産は病気ではないとはいえ、妊娠中の数か月間の経過は
決して短くはなく・・・


今回も情報収集から始まって、また記録・・・。


配置された実習先によって、担当の教官が違うので
どの教官に当たるかによっても記録のチェックのされ方が違っていて・・・


大学病院を担当している教官・・・教授だったけど
普段の講義もとても大雑把であっけらかんとしているので
記録のこともとりあえず書いてあればよし!


みたいな(笑)


もちろん書く量が少ないわけじゃないけど
記録に時間を割かずに、患者さんをしっかり見たり、
お産をいくつか見られた方がいいと思ってくれる先生だった。


結局受け持ちの患者さんのお産は予定日通りには見られないかもということで
経産婦さんのお産に立ち会わせてもらうことに。


実習に行った日に急遽教授に経膣分娩見られることが少ないからと
今夜もしかしたらお産になるかもしれないから
連絡とれるようにと言われ・・・


ドキドキしながら自宅で待機しつつ、記録書いたりしていたら
19時ごろに連絡あって今から病院へと。


同じくペアの同じグループの子と一緒に病院へ。


20時には着替えて病棟へ。


いつも着替えしている大学病院の看護学生用のロッカーから
医学部の地下を通りぬけ、病院へ行くまでの通路が
とにかく真っ暗で怖かったのは覚えてる(笑)


病棟についたときには、まだ分娩台に移動するまで
時間がかかりそうとは言われ、陣痛室?で様子観察中。


モニターで胎児心拍も確認しつつ、陣痛の波がくるごとに
マッサージをしたり、できることをお手伝いしつつ
妊婦さんも3人目のお産なので
当然私たちよりも知識も経験もあり、私たちへの気遣いが
できるぐらいの余裕。


でも、やっぱり陣痛の波がくるとしんどいようで。。。


ご主人もいるけど、ギャラリーが多いので
手持ち無沙汰(笑)


ほどなくして教官も到着し。


この晩、お産が立て込んでるようで
スタッフは大忙しで同時に2人受け持っていたりして
教官もスタッフの代わりに私たちについてるような状況(笑)


お産の進みが早くて、21時過ぎに分娩室へ。
ここからさらにあっという間で、いきむこと数回で
出産!!!


初めて生でみるお産!


すごい感動!!


と、思うかなと実習に来る前は思っていたけど、
お産の進みが早かったからか?
何だかそれほどの感動はなく、無事生まれてよかったと思ったものの
涙が出るほどではなく・・・。


産後の処置を一通り見せてもらって、
スタッフさんは忙しいので、教官から胎盤の状態だったり臍帯だったり
色々説明してもらいながら見て、
赤ちゃんの産後のケアも見に行って


とりあえず出産の立ち会い終了。


一通り終わってみたら23時。
こんな時間に病院にいることもないけど
昼間みる病院の中とは別物のようにも見える病棟・・・。


消灯も過ぎているので、静かにロッカーへ向かい・・・


次の朝はいつも通り朝から実習と思いつつ、
少しゆっくり出てきていいと教官に言ってもらえたので
10時病棟へ。


前日出産した患者さんは一晩ゆっくり休めたようで
まだ産後十数時間しか経ってないけど元気そう。


受け持ちの患者さんではないけど、
産後1日目の様子を見せてもらいつつ
赤ちゃんの様子も見て、授乳指導の様子も見てと
色々してるうちに一日の実習終了。


それでも記録は書かないといけないので
できる範囲で受け持ちの患者さんの看護展開はして
見学したことは別で簡単に記録して


何だか記録もあいまいというか・・・


せっかく大学病院で実習してるからと
実習期間中に帝王切開の手術もあると言われ


外科の実習でオペ室には入ったけど、
母性の実習でもオペ室に入るなんて・・・。


またいつものペアで予定帝王切開なので
昼間の実習時間内で見学へ。


全身麻酔をかけるわけじゃないので
手術も何だかあっという間。
赤ちゃんもお腹から出てくるので不思議な感じ。


色んなお産を経験するという意味ではよかったのかも。


>>次の記事 学生の頃の看護実習《母性看護(産科実習)後半》


<<前の記事 学生の頃の看護実習《急性期看護(外科)実習―後半》


関連記事


学生の頃の看護実習《急性期看護(外科)実習―前半》
学生の頃の看護実習《回復期(リハビリ、整形外科)実習》
実際にあった転職の話(医学部保健学科→産科・NICU→保健師)