実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

離島ナースって??

前にいた病院の同期のお友達が
今年初めから某離島で看護師している。


どうやってその島で働くことができたのか
とっても気になっていて・・・


なかなか本人にはゆっくり会えないので
その就職の仕方調べてみた。


ナースの求人サイトで「応援ナース」という名目で募集している求人があって・・


全国規模で就職先を斡旋しているみたい。


しかも、離島だけでなく関東・関西などの首都圏から
北は北海道、南は沖縄、あとは東海圏など
ある程度地方というか求人を出している先は決まっているみたいだけど
とりあえずの勤務期間としては最低6か月から。


その後、病院や本人の意向によっては延長することも可能とか。


しかも、どうやって求人とマッチングさせるかって
面接はなく書類というか求人サイトへの登録のみでいいらしく
本人の希望にそった条件に合うかどうかということ。


3年程度の経験はあるナースを対象とはされているみたいだけど
就職先によっては経験が浅くてもOKの場合もあったり。


しかも、雇用条件が半端なくいい!


お給料面で言えば、もちろんボーナスのようなものはないけど
月給だと30?40万!!
(首都圏だと40?50万が相場とか)


必死に残業してても、残業時間分は全部はお給料に反映はされず
夜勤を月8回ぐらいしててもそれぐらいの金額を
稼ぐことはなかなかできないと思うけど・・・


他にも就職するときの旅費や引っ越し費用が出たり
生活する場所としてすぐに生活できるような物品も整った部屋を
用意してもらえたりと、荷物少なく引っ越しもできてしまったり。


どういう人が応援ナースとして働いているのか興味のあるところだけど・・・


やっぱり好奇心旺盛な人なんだろうな・・・。


でも、今の自分の置かれた状況では子供もいるし
とても無理だけど、独身の頃ならこんな働き方ができたら
すごくいい経験になったのかもって思う私。


そのお友達ももちろん独身で、
3年ほど働いてピースボートの旅に出て、
また帰国して元の病院へ再就職して3、4年働いて
旅に出て・・・


かなりの自由人(笑)
でも、そんな生き方ができる彼女がうらやましかったりもする。


で、次はどこに就職と思ったらえらい遠くの離島へ・・・ビックリ!


仕事しながらその島の中での生活が経験できて、
島の中の観光など楽しむことができるなんて
素敵すぎるように思えるのです。


子供の手が離れたらそんなふうに応援ナースとして
仕事に行くのもおもしろいかもと真剣に思ってしまうくらい(笑)


でも、そんな頃には結構なお歳になってるはずなので
やっぱり気力、体力ともに充実してる若者に向いてるのかもね。


しかし、看護師の働き方も多様化したものだなぁと
身近なところにそんな働き方をしている友達がいたので
余計に実感します。


>>次の記事 ツアーナースって??


<<前の記事 健康運動指導士とは??


関連記事


実際にあった転職の話(大学病院内科→胸部外科→離島ナース)
看護師を辞めた訳・・・