実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

保健師になるための学校についてのお話

最近看護師の資格しか持っていない元職場の先輩が
保健師の資格を取ろうかと考えていると・・・


私の場合は国立大学の医学部の看護学専攻出身で
看護師、保健師、助産師まで一貫して4年で勉強できたので
看護師と保健師の両方の資格をとれたけど。。。


私が大学に入学した頃は、国立大学の医療技術短大が
徐々に4年制の大学へ移行している過渡期で
国公立の看護大学が4年制で新設されて増えていた時期。


医技短は3年制で看護師の資格しかとれず、
卒業して看護師の国試に合格した後に
医技短に1年保健師を養成する学校が併設されて
そこで資格をとるという人が多かったみたい。


他にも看護師の資格取得後に1年で保健師の国試を受けられる保健師養成校も多くあったらしいけど・・・


ここ数年でこの保健師養成校が激減しているらしく
全国で10数校しかないらしい。
一部専門学校も含まれているけど
看護師の資格を持っていて、保健師の資格を取りたいという人に
とっては狭き門になりつつあるみたい。


この養成校に入らないとすると、4年制の大学の3年次へ編入するとか
社会人の入試枠を設けている学校もあるらしいけど
ごくわずかだし、結局編入試験を受けるにも
看護の知識とは関係なく、教養の試験があるので
学生の頃に戻ったように英語とか勉強しないといけないらしいし・・・。


今思えば保健師の資格もとっておいてよかった。


看護大学でも保健師の資格をとるためのカリキュラムを
全員が受講するとは限らないようで
独自に保健師の養成に対して取り組むようにもなっており、
ここ10年ほどで随分と状況が変わったらしい。


資格マニアになるつもりもないし、
資格を持っていても生かさなければ意味がないとも思うので
看護の仕事も保健師の仕事も両方経験できたことは
自分にとっては随分とプラスになっているとは思うのです。


問題は子育てが落ち着いてから。


社会情勢に合わせて、求められる仕事が変わったり
増えたり、自分も今のままじゃ再就職するにしても
知識が足りないので、もう少し勉強はしないといけない。


今国試を受けたら、間違いなく落ちる(笑)


看護師も保健師も、いつかは免許更新の講習や試験が
できるんじゃないかと言われたりしつつも
そんなことをしたら、仕事ができる人が減ってしまいそうで・・・


それでなくても、看護師の人手不足といわれている昨今。


保健師の話からそれるけど・・・


一度OLなどで就職した人や主婦、40代くらいの人でも
看護師になろうと勉強している人もいるという。


就職するときには若い子たちと一緒になるということを考えると
指導する側としても難しさはあるけど・・・


確かに他の仕事をするよりも就職先はあるとは思うから
やっぱり資格をとりたいという人が増えているのかも・・・。


看護師の資格のハードルが高いと思う年配の人たちは
介護職へ就くことになるのかな。
介護の仕事も体力勝負で、なかなか人手が増えない現状。


もっと待遇が改善されたら、看護師になれない人や
医療職に関わりたいと思う人たちも仕事に就いてくれるのかもしれない。


>>次の記事 健康運動指導士とは??


<<前の記事 子育て主婦の再就職活動日記 特保専門に仕事する医療職


関連記事


保健師のお仕事の話
実際にあった転職の話(大学病院→大学院→看護学校の助手)
学生の頃の看護実習《急性期看護(外科)実習―前半》
学生の頃の看護実習《母性看護(産科実習)前半》