実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

子育て主婦の再就職活動日記 特保専門に仕事する医療職

保健師の仕事の求人で、最近特定保健指導のパートが出ているので
少し調べてみた。


特定健診・保健指導は、内臓脂肪型肥満に着目した
健診・保健指導を行うことで、
私たちになじみのある言葉で言い換えると
メタボリックシンドローム に対して国をあげて予防しようという
取りくみのことでした。


平成18年の医療制度改革で、特定健診・保健指導の仕組みが導入さ
保険者に実施することを義務づけ、20年度から実施されているようです。


企業には産業保健師がおおよそ配置されているけど
産業保健師が今まで行っていた保健指導の中で、
メタボに関しての健診項目が追加され、指導も追加になり・・・。


この事業?導入に合わせ、産業保健師だけで対応しきれないので・・・


特保専門に指導を行う医療職を派遣する会社ができたり
特保専門に仕事する医療職も増えた現状があるということで
特保を行うパートの保健師の需要も増えたということみたい。


特保と言われれば、保健師が行うものと思いがちだけど
実際にはこの分野の経験?や知識のある看護師や
管理栄養士、他にも健康運動指導士のような多職種が
協力し合って指導を行っているようで・・・


第一次の取り組みでは、保健師を充分に確保できないということで
看護師もその指導に当たっていいこととなっていたみたいだけど
第二次の見直しではH29度末までは暫定的に看護師も指導に当たって
いくと厚労省は発表していて・・・


暫定的にということで、今後5年ほどの間に
特保指導に当たるものとして看護師は含まず、
保健師がメインになっていくということのようです。


普段こういう事業に関わっていないと国の方針を知ることはなく・・・


この話は某企業病院で保健師として仕事をしている先輩からの情報。


実際に保健師の求人で仕事を検索すると
特保指導を行う医療職を派遣する会社からの求人が出ており
健診結果に対して面談を行い、今後の生活指導や保健指導など
指導を行い、また経過を観察しつつ定期的に面談を行い
6か月後に再度評価するなど、中長期的な指導を行っている様子。


この求人に特保に関して未経験でもOKと出ているので
直接面接に出向くだけではなく、
電話指導もできたりするし、研修を受けつつ自分のスケジュールに
合わせて仕事もできるなど、
慣れてこれば仕事はしやすいのかと思ったり。


とはいえ、特保についてもっと自分に知識をつけないといけないけど・・・・。


保健師としての仕事も専門性が求められるようになってきており
公務員としての仕事だけでなく、
少しずつ仕事の幅は広がりつつあるのかもしれないなぁ。


>>次の記事 保健師になるための学校についてのお話


<<前の記事 実際にあった転職のお話(循環器内科で3年半、胸部外科病棟で1年半)


関連記事


保健師のお仕事の話
保健師になるための学校についてのお話
実際にあった転職の話(医学部保健学科→産科・NICU→保健師)