実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

実際にあった転職の話(医学部保健学科→産科・NICU→保健師)

大学の医学部保健学科を卒業し、
保健師・看護師・助産師の資格を取得。


大学病院の産婦人科へ就職し、助産師として
産科・NICUの仕事をメインにすることになった。


ICU(集中治療室)の看護師求人情報・看護師の役割・仕事内容のページはこちら


3年間助産師としての技術はしっかり勉強し、
新生児の看護についても学んだ。
助産師の仕事も生かしつつ、今後は夜勤がなく
長く仕事を続けていきたいという思いもあって
実家のある市町村の保健師の公務員試験を受験。


社会人4年目に、保健師へ転職することになった。


看護師のときは寮に住んでいたが、
実家に戻って住むことになった。


助産師としての仕事の経験がすぐに生かされる
こども家庭課へ配属された。


まだ独身のため育児の経験はないが、
新生児の看護をしていたことや助産師であったことで
育児相談や乳児健診などで自分の知識や経験が生かされることが
多々あって、臨床を経験してよかったと感じた。


保健師となって2年目に結婚。


このまま仕事は続ける予定で、子供も早く欲しいと考えている。


病院勤務だと産休・育休で長く休みがとれて1年程度。
役所内では取れる範囲で長く休みをとっている人もいる。


自分の生活スタイルに合わせて、育児休暇も取りつつ
仕事を続けていこうと考えている。


>>次の記事 2年生ナースのお仕事日記(待ちに待ったおボーナスの日)


<<前の記事 実際にあった転職の話(大学病院内科→胸部外科→離島ナース)


関連記事


実際にあった転職の話(大学病院→大学院→看護学校の助手)
保健師のお仕事の話
保健師になるための学校についてのお話
学生の頃の看護実習《母性看護(産科実習)前半》
学生の頃の看護実習《母性看護(産科実習)後半》