実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

実際にあった転職の話(日赤系列病院HCU→市役所の保健師)

県内の看護大学を卒業後、実家から通勤できることもあって
県内の日赤系列の病院へ就職。


ICUなどの救急看護へ興味があり、希望が通って
HCUへ配属された。
予想はしていたものの、やはり仕事の忙しさはすさまじく・・・
心身共に疲れ果てた1年目。


ICU(集中治療室)の看護師求人情報・看護師の役割・仕事内容のページはこちら


やりがいを感じつつも、じっくり患者さんと関わることのできる
看護をする部署ではなく
自分がどういう看護がしたかったのかも分からなくなった。


人間関係でひどく悩まされたというわけではないが
仕事が忙しすぎて、プライベートの時間がしっかり確保できず・・・


どうしたいのかも分からない日が続いて・・・


退職して、少し考える時間が欲しくなった。


退職後も実家に住み、偶然にも市役所の保健師の臨時職員の求人を見つけた。
保健師の資格もあるため、この機会に保健師の仕事も
経験してみることに。


まだ独身、フルタイムのパート保健師としてすぐに復職することに。
こども家庭課へ配属され、母子保健の仕事をすることになった。


今までしていた仕事とは全く違い、
育児の経験がないけど、健診について育児相談を受けることも。


保健師の仕事も少し知ることができたけど、
やっぱり看護師として仕事がしたいと思うようになった。


でも、前の職場のような忙しいところは自分には向いていないと思い、
少しゆったりと看護のできそうな病院の求人を見つけた。


年度半ばの中途採用だけど、すぐに就職が決まった。


前に勤めていた病院の近くで、自宅から通うこともできるけど
通勤に少し時間がかかるため、夜勤の生活をするにはネックで
初めて一人暮らしをすることに。


新生活で、新しい職場へ入ることは
自分にとっては大きな変化。
社会人3年目にして3か所目の職場になったけど
色々な仕事や職場を知ることができて良かった。


>>次の記事 実際にあった転職の話(大学病院内科→胸部外科→離島ナース)


<<前の記事 実際にあった転職の話(大学病院→大学院→看護学校の助手)


関連記事


保健師のお仕事の話
実際にあった転職のお話(企業の健康管理室の看護師へ)
実際にあった転職のお話(外科の病棟へ)