実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

私が転職を考えたとき・・・ part 1

某大学病院で5年、1から3年目までは消化器外科
4.5年目は胸部外科と外科で5年間勤務。


毎年のように辞めたい・・・と思い続けながら
最後は結婚後、旦那さんの転勤のために辞めることにはなったけど・・・


なんで辞めたいと思ったのかな?


1年目のときはというと・・・


とにかく覚えることが沢山で、最初は仕事に慣れることで必死の毎日。
プリセプターという自分にメインで指導をしてくれる
お姉さんナースがついてくれて、
大変だったけどやりがいは感じられていたから
とりあえずもう1年と思えた。


最初に配属された病棟・・・
実は人間関係が結構難しいというか、
仕事ができる先輩は沢山いたけど、独身の先輩も多くて
性格のきつい人も多くて、色々人間関係には気を使っていたなぁ。


2年目はというと・・・・


新人さんが入ってくると、お姉さんたちは
また新人指導でしばらくは忙しくなるから
2年目の私たちは自分で考えて動くことを求められるけど、
少し自由に動ける分お姉さんたちの監視?の目からは
少し離れられるように。


 でも、もう2年目、新人だから・・・では許されない。
 2年目でも求められる知識や技術も外科はレベルが高い・・・
 そこにプレッシャーはかかって、しんどくなることが多かった。


そして、やはりついて回る人間関係・・・


女性が多い職場だから仕方はないと思うけど、
直接自分がいじめられたりしていたわけではなくても
精神的には疲れていた・・・。


看護の仕事、大変だけどやっぱり1、2年で辞めたって
その後どうするの?


って、その頃は思えたから
辞めたいというよりは、病棟を変わりたいとは思った。


辞めたいと看護部に言うと、理由がはっきりしていて
きっぱり辞めますと言わない限りは、何とかして引き止められる。
簡単には辞めさせてもらえないことが分かった。


3年目・・・


結局配属先の異動はできず、1年生の指導をする立場に。
自分もまだできないこと、分からないことは沢山あるのに・・・


そんな不安をもちながらも、新人を教える自分のことも
自分より上のお姉さんたちが支えてはくれるけど・・・


1年生のことも見つつ、自分の仕事もしなくちゃいけない上に
受け持つ患者さんのケースも段々とレベルが上がって難しくなっていく。


その上、そろそろ看護研究もしないといけないと言われるし・・・。


通常の業務時間に加えて、毎日の残業3から5時間とかもしょっちゅう。
その頃は3交代で日勤→深夜の勤務だったから、
日勤後残業が多いとほとんど仮眠をとれないまま
夜勤の仕事に出ることあり・・・


看護研究をしないといけないと言われ、休日も返上みたいな感じで
病院にでてきて、研究のための時間を費やしたり・・・。


そもそも、病院の敷地内にある看護師寮に住んでいたから
病院への移動は楽でも、プライベートと仕事の区別が段々つかないように
なってきて・・・・


休みの日に救急車の音を聞くのも苦痛に感じるくらい。
多分一番病んでいた時期だなぁ。


精神的にも、肉体的にもかなり追い詰められた状態でいたのは確か。


就職して3年経つ頃、結婚退職していく同期もちらほら。
仕事や人間関係がしんどくて辞めていく人もいたし
2か所目の病棟へ異動になっている人もいて、
3年目って変化の時期だったかなぁって思う。


そして、私自身ももう限界かもって感じて
何かを変えないといけない、このままじゃ私ダメになるって
本気で思っていたとき。


辞めたい・・・
病棟の師長に伝えもしたけど、
ただしんどいだけで辞めるのはもったいないと止められ・・・
看護部の人事部長にも呼ばれて、引き止められた。


就職したときも、とりあえず3年は頑張ろうって思っていたし、
保健師に転職しようかとも思ったけど、
やればやるほど看護の仕事は大変だけど、やりがいはあるし
看護の仕事が好きな自分に気付いた。


とりあえず、寮を出よう。
通勤するのに、遠すぎるのは不便。
かといって、病院が見えるほど近所なのも・・・
自転車で通える程度の距離だけど、引っ越しを決めた。


そんなとき、異動が決まった。
辞めるしかないと思ったときの大きな変化だった。  


>>次の記事 私が転職を考えたとき・・・ part 2 へつづく


<<前の記事 新卒のときの看護師就職活動


関連記事


私が転職を考えたとき・・・ part 2
看護師を辞めた訳・・・
実際にあった転職のお話(企業の健康管理室の看護師へ)
実際にあった転職のお話(外科の病棟へ)
実際にあった転職の話(医学部保健学科→産科・NICU→保健師)