実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

実際にあった転職のお話(胸部外科病棟4年、泌尿器科病棟で3年)

看護系専門学校を卒業後、某大学病院で7年勤務。
そのうち胸部外科病棟4年、泌尿器科病棟で3年。


どちらも外科系ではあるが、忙しさは全然違い・・・
泌尿器科は慢性疾患の患者さんも多いので
内科的な面もあり・・・


胸部外科にいたときは、毎日が忙しく
いつ急変するか分からないストレスを常に感じながら
それにいかに対応できるかプレッシャーも感じて
精神的にはしんどい中で仕事が続いた。


そう思うと泌尿器科はどこかゆるさもあり・・・


急変はさほど多くはない分
今までよりもじっくり患者さんと関わる余裕ができるはずだった。


異動したときには5年目。
院内全体でみれば中堅になるが、
看護部長が変わって3年目、看護師の配置が7:1になって
2年目。
大幅に看護師の数を増やし始め、それと同時に院内の研修の仕組みを換えたり
新人指導についてもどんどん改革を起こし・・・


リーダー層になっていく中堅ナースたちに
負荷がかかる一方に・・・


純粋に看護師の仕事を楽しむ余裕が全くない・・・


そしてプライベートも・・・


残業するのが当たり前、しかも1時間2時間程度の残業ではなく
日勤で8時に就業開始するのに、仕事が終わるのが20時、21時と
何時間病棟に張り付いているのかというほど。


心身共に疲れ果て、転職を決意した。


仕事を続けながらの転職活動・・・


とりあえず2つほどのサイトに登録し、
コンサルタントの人から求人を紹介してもらった。


泌尿器も胸部外科も循環器系なので
自分の専門知識が生かせるような職場を望みつつ・・・


その反面で、長く仕事が続けられるように
日勤だけで夜勤のない仕事に就くということも考え、
それでいてお給料も良さそうな美容整形などの
クリニックのことも聞いてみた。


コンサルタントの人曰く、辞めたほうがいいと。


ひどい言い方ではあるが、履歴書に汚点を残すようなものだからと。


その理由はあまり深くは聞かなかったけど、
幸いなことに循環器系の新しい病院が市内にできたばかりで
求人を出しているとのことで、
その病院の面接を受けることに。


職歴としては十分、即戦力を期待されてすぐに就職が決まった。


年度末で退職をし、4月から新しい職場へ。
今まで通り夜勤も2交代であるが、
研修は充実しつつも、前の病院ほど仕事に拘束されることはなく
プライベートの時間も楽しめる余裕はできた。


循環器の病院だけに救急での受け入れも多いため
緊張感は常にあるものの、色んな疾患を受ける救急とは違って
心疾患に限られているため対応のしやすさはある。


お給料の面でもさほど変わりはなく、
今まで通り一人暮らしも継続。


まだ独身だからしばらくは今の病院で仕事を続け、
人生の転機が訪れたときにまた転職を考えようと思うのでした。


>>次の記事 実際にあった転職のお話(循環器内科で3年半、胸部外科病棟で1年半)


<<前の記事 夜勤専属のお仕事!


関連記事


実際にあった転職の話(大学病院→大学院→看護学校の助手)
実際にあった転職の話(日赤系列病院HCU→市役所の保健師)
実際にあった転職の話(大学病院内科→胸部外科→離島ナース)
実際にあった転職の話(医学部保健学科→産科・NICU→保健師)