実録!看護師日記  看護師経験5年Mさんの転職活動日記&お仕事日記
          

1年次の看護実習(眼科へ実習?)

大学3年次からの実習のことを書いてみたけど、
実は1年生のときから、ちょっとずつ看護の実習には行ってた私たち。


もちろん、本格的な看護実習は3年後期で
1年生のときに行った実習なんて、今思えば甘っちょろい(笑)


母性・急性期などの分野ごとに分けて配置されるのではなく、
大学病院の病棟すべてに1年生の学生を割り振っての実習。


なので、本来なら3年生の実習では行かないような
耳鼻科や眼科などにも行くのです。


眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科・アレルギー科・歯科口腔外科の看護師求人情報・看護師の役割・仕事内容のページはこちら


で、20近くある病棟の中で、内科や外科、小児科、産婦人科などなど
後々行くことになる実習先の病棟が半分以上を占めるにも関わらず・・・


なんと私、眼科へ実習に行ったのです(笑)


かなりの確率で当たらないはずなのに(笑)


眼科もある種特殊な病棟なので、
通常の看護実習では経験できない分野だし
1年生で行く実習にしては良かったのかも。


1年生の夏休み中に実習だったので、
まだ教養の授業がほとんどで、専門で看護の授業を受けてたのは
確か週に2日。


しかも、基礎看護の看護技術の授業は2年生になってからだったから
1年生の私たちに何ができるの?????


って感じで送り込まれたし・・・。


でも、何もできないなりに、眼科の患者さんは
術後(白内障や緑内障など)はしばらく眼帯をしてたり
目が見えない状態で歩いたりするので、
実は色々とケアがあって、入浴介助や他の清潔ケアなど
まだ知識も技術もなくても、それなりにできることがあったような・・・。


そして、本格的な看護実習で行う看護展開はまだ授業も受けていないので
記録という記録も、とりあえず日々行うことへの計画と
実際の実習での様子を書いての課題や反省などの感想のようなものだけなので
3年生のときの実習に比べたら、ホント楽だったから。


しかも、実習期間1週間程度で、半日の実習だったので
ホント楽だったよね。
しいていうなら、夏休みが少し削られたぐらい(笑)


でも、このときは3年生の実習がどんなに大変かって知らなかったし、
実習って疲れるからって思ってた気がする。


こうして振り返ってみると、
看護の実習は1年生から始まっていて、積み重ねていくことによって
一人前へと近づいていったんだなぁと感じました。。。


>>次の記事 2年次の看護実習(デイサービスへ)


<<前の記事 保健師・看護師実習(学校編)


関連記事


学生の頃の看護実習《精神科実習》
学生の頃の看護実習《慢性期(内科)実習》
学生の頃の看護実習《回復期(リハビリ、整形外科)実習》