看護師の転職に不安を抱いている方
          

気になる!これから増えていく外国人看護師

厚生労働省は、フィリピン・インドネシア・ベトナムからの看護師・介護福祉士
の受け入れに力を注いでいます。


日・インドネシア経済連携協定(平成20年7月1日発行)日・フィリピン経済連携協定(平成20年12月11日発行)
に基づき、平成21年度から看護師・介護福祉士候補者の受け入れを実施してきました。
平成24年5月29日までに両国併せて1562人の外国人候補者が入国してきています。


また、ベトナムは現在これからの受け入れについて調整を行っているとの事です。
厚生労働省は3国からの受け入れは、現在の看護師・介護福祉士不足の解消を図るために
行うのではないと発表していますが、
これから外国人看護師・介護福祉士が増えてくれば、必然と日本人の働く場が
減っていくのではないかと思います。


ですが、外国人候補者が日本で活躍できるまでにはとても高いハードルを
乗り越えなければなりません。
日本にくる外国人候補者のほとんどが日本語でのコミュニケーションが流暢にできません。


日本の各免許取得の為の試験に合格するためには、言語の壁があります。
国家試験の言語は見直しが検討されるようなので、そこはクリア可能かもしれません。
が、免許取得後も患者さんとのコミュニケーションをスムーズに行えるようにならなければ
なりません。


しかし、政府はその辺りの支援も強化するとの事なので
近い将来、外国人看護師と肩をならべて働くことになるかもしれません。