看護師の転職に不安を抱いている方
          

ここが疑問!看護師さんの転職 失業保険っていくらもらえる?受け取り方は?

途切れることなく、次の職場で働ける方はいいですが、
一旦、今の病院を辞めてから次の病院を探すという人には、失業保険は不可欠。
なるべく貯金は、きりくずしたくないものです。


ただ、雇用保険を払ってはいても
もらう側の経験がない人も多いでしょう。
失業保険について説明したいと思います。


●失業保険の受給資格は?
普通に過去1年働いていて(雇用保険を払い)、
次も就職する能力と意志があれば、受給資格を満たします。
注意したいのは、妊娠、出産、育児のためなど、すぐ働けない状態。
この場合、受給は働けるようになるまで、延期されることになります。
病気やけがも同じです。


●失業保険の給付金額は?
過去6ヶ月のもらっていたお給料から計算されます。
今までのお給料の半分から8割が支給されます。
(基本手当)
一日あたりの上限が決まっているので、
高給もらっていた人にも限度があります。


●失業保険の給付日数は?
被保険者だった期間によって変わってきます。
10年未満 90日
10年以上20年未満 120日
20年以上 150日
これは、自分の都合で辞めた場合です。
(定年退職の方もあてはまります)
倒産した、解雇されたという場合は、
年齢によりますが、もう少し、
期間が伸びることがあります。


●失業保険はいつからもらえる?
ハローワークへ行ったら、
その日から支給されるわけでは、ありません。
離職票を提出して、7日間は、
待機期間といい支給されません。
自分の都合で辞めた場合、
懲罰解雇だった場合などは、
さらに3ヶ月待たなければなりません。


もう一つ覚えておきたいのは、
失業保険の受給期間。
原則として、辞めた次の日から1年間。
それを過ぎるともらえるものももらえなくなります。


失業保険の受け取り方編


実際失業保険を受け取るには、ハローワークで手続きをするわけですが、
その流れをみてみましょう。


まずは、持ち物です。
○雇用保険被保険者証
○本人が確認できるもの
運転免許証、住民票
○預金通帳
○印鑑
○離職票-1
○離職票-2
離職票は、退職する会社、病院からもらうものです。
これで、失業保険の給付金額が決まります。
忘れずにもらっておきましょう。


ハローワークで求職の申し込みをして、離職票などを提出します。
受給要件を満たしているかの確認があり、
受給資格があるかどうかが決まります。


この時、離職理由についての聞き取りがあります。
受給資格が決定すると、受給説明会の日時を教えてもらい
「受給資格者のしおり」というものが渡されます。


さて、次に雇用保険受給者初回説明会です。
この日の持ち物は、
○受給資格者のしおり
○印鑑
○筆記用具
この説明会で、雇用保険の受給について
の詳しい説明があります。
「雇用保険受給資格者証」、「失業認定申告書」が渡され、
最初の失業認定日が分かります。


失業認定日とは、ハローワークで失業を認定してもらう日です。
4 週間に1 度あり、求職活動、労働状況の報告をします。
認定日から一週間くらいで預金口座に、給付金が振り込まれます。
この認定日を4週間ごと繰り返していくことになります。


健康保険 年金編


健康保険、年金の手続き。
転職する際、もう次が決まっていてブランクなく働ける方は、
病院、会社が代わりにやってくれるので、お任せしておけばいいです。
一応確認は、しておいてください。


失業期間がでてくる場合は、
最寄りの役所で自分で手続きしなければなりません。


必要な持ち物は、
国民健康保険加入には、印鑑と離職票、
国民年金加入には、年金手帳と印鑑と離職票。
1時間もあれば、終わる手続きです。


ちゃんと手続きしておかず、
医療費全額負担なんてことになったら
看護師として目もあてられません。


払ってるつもりが、年金が未納だったという問題も、
失業期間にこの手続きをしていないケースも多いようです。


期限は、退職日の翌日から14 日以内となっていますので
早めに行動しましょう。