看護師の転職に不安を抱いている方
          

看護師転職!注意しておきたい失敗パターン!

看護師さんが転職する際、失敗するパターンがいくつかあります。
きっちり抑えて先輩の二の足を踏まないようにしましょう。


給料だけで選んでしまうパターン


お金は、もちろん大切です。
多いに越したことはないはずです。
ただ、それを第一条件で選んでしまうと、
あとで後悔することがよくあります。


勤務時間、休日など労働条件がきつい。
仕事内容がきつい。
病院の看護への考え方がきつい。


不満をのみこんで、
ただ、お金のためだけに働いていることになります。
割り切れる人はいいですが、
自分はなにを求めて仕事をするのか
よく考えてみることです。


公立病院というだけで選んでしまうパターン


やはり、公立それも国立の大学病院で働きたい。
そう思ってしまう人も多いはず。
しかしこれは、大学を大学名のみで選んでいるのに似ている気がします。
大切なのは、何を学ぶかなのに
見栄のようなものを優先して決めてしまっています。


病院選びも同じで、大切なのは、
転職して何をしたいかです。
何かの分野の専門知識を深めたいのか、
高齢者医療に関わりたいのか、
仕事の中身にこだわりたいのか、
はたまた、プライベートを大切にして働きたいのか、


私立か公立かなんて、優先順位の低いもののはずです。


病院発の情報を鵜呑みにしてしまうパターン


病院発の情報を信じていたのに、
実態がぜんぜん違うということがあります。


これをふせぐには、自分で動くしかありません。
そこで働いている人、
病院を利用している患者さん、
できるかぎり情報を集めて判断します。


見舞いの人や患者さんのふりをして
自分の目でその病院をみてくる方法もあります。
さすがに、診察を受けてみるのはやりすぎかもしれませんが、
失敗しないためできる限りのことは、しておきましょう。


看護師転職!お役立ち!!先輩のアドバイス


こらから転職をしようとしている看護師さんへ、
先輩からのアドバイスがあります。
すべて受け入れる必要はないと思いますが、
役立ちそうなことは、参考にさせてもらいましょう。


長期的なプランをしっかりたてる。


忙しさの中、時間はあっという間に過ぎていきます。
何かの分野をきわめるのか、看護師長を目指すのか。
自分が尊敬できる上司などを目標にするなどして
5年後、10年後、20年後、とちゃんとブランをたてておくべきです。
そうすれば、今何をするべきかが見えてくるはずです。


自分が何を求めているのかはっきりさせる。


転職して、なにもかも以前よりよくなるというのは、稀でしょう。
自分が何を求めているのかをはっきりさせ、
それ以外のものが悪くなったとしても
割り切ることが肝心です。


転職前の人間関係も大切にする。


退職する前、最後の一ヶ月は、
引き継ぎの期間になります。
書類にまとめたりして、スムーズに
引き継ぎができるよう努めましょう。

円満退職であれば、
転職前の人間関係も引き継がれます。
人脈は、いつか役立つ時がくるでしょう。